ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 不安 6 | main | 不安 8 >>
不安 7

不安症と不登校

 

不安症は年齢を問わず発症するので、当然子どもにも症状は出ます。

 

子どもの不安症は不登校と直結します。

 

このことに気付かない親や教師がたくさんいます。

 

気付かないと言っても、子どもを全く見ていないわけではありません。

 

子どもも自分の不安をどのように表現して良いのか分からないから、大人がそのことに気付かないのも無理ないのです。

 

子ども:「学校かなん」

 

母親:「なんで?」

 

子ども:「なんか怖い」

 

母親:「何が?」

 

子ども:「教室」

 

母親:「教室の何が?」

 

子ども:「う〜ん、わからへん」

 

母親:「お化けも出ないしいじめっこもいないのに、学校行きたくないからそんなわけのわからんことばっかり言うてるんやろ!」(ちょっと怒りだす)

 

子ども:「泣きだす」

 

父親:「お前が甘やかし過ぎるからこんな根性のない子になったんや!」

 

母親:「みんな私のせいなん!}

 

(夫婦喧嘩という二次災害が起こりだす)

 

自分の不安症だけでもしんどいのに、その上自分の原因で夫婦喧嘩が始まったら、子どもはもう何も言わなくなります。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

9月11日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/3045
TRACKBACK