ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 不思議な・・・ | main | 夢は導く >>
夢告

夢は夢

 

昨日も書きましたが、いくら夢の通りのことが翌日に起こっても、なんの役にも立っていません。

 

活用の仕方が分からないのです。

 

夢で見た何が現実に起きるのかは、実際に目の前に現れないと分からないからです。

 

だけど、もしこれを上手く使いこなせたら、宝くじでも馬券でも大当たりではないですか!

 

けれど私は賭けごとの類を一切しないので、そんな欲望はないのです。

 

「明日大災害が起こるから、そこの地域の人に警告しよう」

 

これはなかなかカッコいいのですが、その手の予知無を見る才能が全くないのです。

 

たいていは、「な〜んやこれかいな、しょうもなぁ、で、それがなんなん?」て感じで終わるのです。

 

その夜は金魚や鯉なんかの淡水魚がウヨウヨ出てくる夢をみました。

 

あんまりたくさん魚がいて、しかもみんな鮮やかな色をしていたのでよく覚えていたのです。

 

そしたらなんと、これだったんです。

 

 

ふっと見たら、大きな生けすに立派な錦鯉や真っ赤で大きな金魚が悠々と泳いでいました。

 

そのことで何の損も得もありません。

 

小さい頃からこんなことの繰り返し。

 

ただひとつ思うのは、「どうも世の中は理屈だけでは割り切れないものがありそうだぞ〜」という感じです。

 

そんなふうに思って歩いていると・・・

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

9月19日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/3053
TRACKBACK