ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 夢告 | main | 全てがメッセージ >>
夢は導く

ここに意味あり

 

夢を見て、それと同じ物が現実に現れても意味ないし・・・。

 

だけど、なんか目に見えない不思議な力があるなぁ・・・。

 

そんなことを考えながら歩いていたら、こんな言葉にばったり会いました。

 

 

人生の殆んどすべての不幸は

 

自分に関することがらについて

 

あやまった考え方をするところから生じる

 

出来ごとを健全に判断することは

 

幸福えの第一歩である

 

スタンダール

 

これはどういう意味なんだろう。

 

「人生の殆んどすべての不幸は 自分に関することがらについてあやまった考え方をするところから生じる」

 

これを、「夢をみて、その通りのことが翌日現実に起きても、なんの意味もないじゃん」という私の考え方に置き換えてみました。

 

「なんの意味もない」が間違った考え方だとすると、やっぱりそれには何かの「意味がある」ということでしょうか。

 

「出来ごとを健全に判断することは幸福えの第一歩である」ということは、「夢には損得勘定や合理的な判断を超えた何かがあるのだよ。効率的なことばっかり考えていたら、不幸になるよ」と、解釈することもできます。

 

「夢」→「無意識」→「謝った考え方」→「認知の歪み」→「不幸」

 

こんな謎々のようなキーワードを頭の中でぐるぐる回しながら満員の御堂筋線に揺られている時に「あ!」と思いました。

 

今、悩みを聞いている人のケースを思い出し、解決のヒントがひらめきました。

 

「夢」→「魚」→「現実の魚」→「疑問」→「スタンダールの言葉」→「ひらめき」

 

みなさんもこんなふうにシンクロニシティを大事にする生き方を実践してみませんか?

 

今、御自分が抱えておられる悩みの解決方法は、ちゃんといろんな形で、目に見えない力が教えてくれています。

 

今の話に興味が湧いた方や、思い当ることがおありの方は、ご自分のその感覚を捨てないで大事にして下さい。

 

具体的なやりかたや考え方は、また講演会でお話しますから、興味のある方は是非お越しくださいませ。

 

考え方のベースは「ナラティブ・セラピー」という心理学の考え方を使います。

 

miroさん、夢は奥が深いですね。その意味を深く考えていくと、思わず幸せに巡り合ったりします。

 

今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。

9月20日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/3054
TRACKBACK