ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 対策 | main | 準備万端 >>
対策 2

身体を整える

 

自動思考を適応思考に変えて、気持ちが安定しだしたら、次は身体を整えます。

 

いわゆるリラクセーションですね。

 

リラクセーション法には、漸進的弛緩法、誘導イメージ療法、バイオフィードバック、自己催眠、深呼吸運動など様々な方法があります。

 

目標はどれもほぼ同じで、ゆっくりとした呼吸、低い血圧、平穏な気分や幸福感を特徴とする、身体の自然なリラクセーション反応を意識的に引き起こすことです。

 

リラクセーション法(リラクセーション反応法とも呼ばれます)は、緊張を解き、ストレスの悪影響を和らげるために行われます。

 

また、リラクゼーション法は睡眠の誘導、痛みの軽減、落ち着いた気持ちを得るために用いられることもあります。

 

リラクゼーションは恐怖症やパニック障害の従来の治療を補助しうるものと考えられています。

 

リラクセーションにはいろんな種類があります。

 

私がここで行ったのは「漸進的筋弛緩法」という方法です。

 

漸進的筋弛緩法は「ジェイコブソンの漸進的弛緩法」または「漸進的筋弛緩法」とも呼ばれます。

 

このリラクゼーション方法では、一連の筋肉をそれぞれ引き締めたり弛緩させたりすることに意識を向けます。

 

漸進的弛緩法はしばしば誘導イメージ療法や呼吸法とともに用いられます。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

10月6日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
http://hurukawa.tantant.net/trackback/3070
TRACKBACK