ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 青森の文豪と言えば・・・ | main | 太宰治記念館 2 >>
太宰治記念館

あまりに大きな家だ

 

田舎の豪商はかくもでかい家に住んでいたのですね。

 

太宰治の生家がそのまま記念館となって保存されているので、T君とふたりで訪れました。

 

青森市内からはかなり距離がありましたよ。

 

かなり離れた所から撮影しないと、全部フレームに入らないくらいでかい家でした。

 

自分の住んでいた家がそのまま記念館になるなんて、どんな気分でしょう。

 

まるで銭湯のような門構えです。

 

昔はここに大勢の人が出入りして、太宰は「お坊ちゃま、お坊ちゃま」と言われて大事にされていたのでしょうね。

 

青森の誇りは太宰治と吉幾三ですね!

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

10月21日

ふるかわひであき

COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK