ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 思い出そう! 3 | main | フランス・アングレーム漫画祭 >>
思い出そう! 4

絶滅防止装置

 

今まで書いてきた絶滅防止装置のことから考えると、検査を受けなかった帰国者2名を責めたり、中国で、武漢から帰った人を閉じ込めたりする行動の意味がわかってきますね。

 

絶滅の危険性があると分かると、人類はその危険な人物を隔離し、時には殺してしまいます。

 

そうすることで、少しでも絶滅の危険性を減らしているのです。

 

絶滅しないためにひとりを殺しても、残りの多数を生き残らせる方法を採用します。

 

この気持ちは誰もが持っています。

 

口には出さなくても、検査を拒否した二人に対する嫌悪感は、多かれ少なかれ、みんな持っていたと思います。

 

また、部屋を閉めだした中国人をひどい行為だと思いながらも、こころのどこかでは理解している人も多くおられると思います。

 

そんな自分を責めることはありません。

 

すべて絶滅防止装置のなせる技なのです。

 

もし自分の隣人がウイルスに感染していたら、その人にどこかへ行って欲しいと思うか、自分が違う場所へ行こうと思うのが当たり前なのです。

 

そこに道徳や人類愛を持ってくると話がややこしくなります。

 

それは、人類は絶滅防止装置を持った生きものだということの自覚を欠いた考えです。

 

それこそ人類に対する理解と愛が足りないと言えます。

 

なにはともあれ、感染しない対策をとることが大切ですね。

 

手洗いが一番効果的なのだそうです。

 

人が多いところもなるべく行かない方が良さそうです。

 

これはインフルエンザと同じで、子ども達の通う学校で流行したら、あっという間に子ども達に広がりそうです。

 

はやく治療方法が見つかって欲しいですね。

 

<お知らせ>

講演会&ライブ「幸せに生きる方法 PART2」を開催します。詳しくはこのHPのトップページをご覧くださいませ。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

2月6日

ふるかわひであき

 

 

COMMENT