ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< つげ義春ワールド | main | この世とあの世 >>
パラレルワールド

異次元の世界

水木作品とつげ作品は、表現方法がまるで違います。

水木作品は妖怪がモチーフで、つげ作品は人間の内面をえぐり出すものです。

しかし、共通していることがあります。

それは、「この世は一つだけではないんだよ・・・」みたいなメッセージ。

私にとって、この感覚は今も魅力があります。

非科学的で非現実的な考えで、当時はまるでファンタジーや空想の世界だと思っていました。

ところが、どえらい学問がそれをひっくり返しました。

その学問こそが「量子物理学」です。

その考えは、この世の最小単位は「量子」で、この量子は意識によって変化する・・・というものです。

ふるかわは何を言っているんだ??と思われるのも無理はありません。

これは私が説明するより、専門に説明している画像を見て頂いた方が良さそうです。

すみません、みなさんの貴重なお時間を5分少々頂いて、この映像をみて頂けますか?

量子の性質をご理解頂けたでしょうか?

映像にある、観測する「目」を忘れないでくださいね。

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

2月9日

ふるかわひであき

COMMENT