ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
<< この世とあの世 | main | 心の中の決闘! >>
カークダグラス

103歳でお亡くなりになりました

 

カークダグラスといえば「OK牧場の決斗」を思い出します。

 

 

とにかくカッコ良かったです。

 

玩具屋に行って母親を説得し、ピストルのおもちゃを手に入れ、兄に拝み倒して、駄菓子屋の銀玉ライフルを買ってもらい、気分はもうOK牧場のカークダグラスでした。

 

頭のなかで何人もの悪者を作りだし、そいつを次々にピストルとライフルで打倒して行くのです。

 

もちろん本物の敵はいません。

 

仕方ないので姉や母を悪者に見立てて狙い撃ちすると、それはそれは恐ろしい反撃を後から喰らうことになり、ヘタするともの干し竿に吊るされてしまい、まるで私が悪人のように処刑されてしまいます。

 

結局家にある時計やまくらや花瓶やおちゃわんを仮想の悪者にして、銀玉を打ちまくります。

 

最後にピストルやライフルの銃口の煙をふっと息で吹き飛ばし、ポーズを決めると、もう完全にカークダグラスなのです。

 

しかし、ここでまた困ったことがおきます。

 

部屋中に散らかした銀玉をほうきとちりとりで片づけなければなりません。

 

もしそれを怠ると、また私はもの干し竿に吊るされてしまい、まるで私が悪人のように処刑されてしまいます。
 

今日もみなさまの貴重なお時間を私のブログを読むために使って頂き、ありがとうございます。

2月11日

ふるかわひであき

COMMENT