ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今も昔も・・・ | main | 電車にて 2 >>
電車にて

ある日

 

その日も仕事が忙しく、くたくただった。

 

帰りの電車に乗り込み、なんとかシートの一番端に自分の席を確保できた。

 

駅を重ねるごとにだんだんと乗客が増えて、あっという間に席はなくなり、つり革につかまるのも難しいほどになった。

 

私は目を閉じて、電車の心地よい揺れを感じていた。

 

ふと目を開けて自分の前を見ると、ひとりの若い女性が吊り革も持たずに立っていた。

 

熱心に自分のスマホを見ていた彼女のお腹は、あきらかにふくらんでいた。。

 

このふくれ方は、どう見ても食べ過ぎや他の病気の類ではない。

 

それを証明するように、彼女はコートの胸に、妊婦であることのバッジを付けていた。

 

 

私は「気付かずにすいませんでした。どうぞお座り下さい」と言って彼女に席を譲った。

 

私は、彼女が私に気を遣わないように、少し離れたドア側に移動した。

 

彼女は何も答えず、ひたすら立ったままスマホを見ていた。

 

どうして座らないのだろう・・・。

 

耳が聞こえないのだろうか。

 

例えそうであっても、目の前の席がひとつ空いたのだから座ればいいのではないか。

 

他に何か事情があるのだろうか・・・。

 

医師から運動不足を指摘され、電車では座らないように指示されているとか・・・。

 

(明日に続く)

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

2月16日

ふるかわひであき

COMMENT