ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 児童相談所 | main | 日本人と覚せい剤 >>
メタンフェタミンとアンフェタミン

何のお薬でしょう

 

聞きなれない薬品名だと思います。

 

私達の業界では広く知れ渡っている薬です。

 

何のお薬かというと、覚せい剤です。

 

薬物依存の人は、必ずこの薬の影響を受けています。

 

そして、そこから救出するのは不可能ではないにしろ、至難の技ですね。

 

薬物依存に効果のある薬はありません。

 

つまり、薬から遠ざけるしかないのです。

 

多くは入院治療になりますが、芸能ニュースでもよく取り上げられるように、再発リスクは非常に高いのです。

 

言葉を変えれば、いっぺん覚せい剤に手を出したら、廃人になるまでやめられないということです。

 

それは、本人の意思もありますが、薬効成分が脳の中枢に作用して、自分の力ではどうすることもできなくなるからです。

 

そんなことはみんな承知しているのに、覚せい剤がらみの犯罪はなくなりませんね。

 

平成30年度の日本における覚せい剤の押収量は1トンを超えています。

 

1トンを超える押収量はこれで3年連続なんですよ。

 

これだけ日本での覚せい剤消費量が多いのには、何か理由がありそうです。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

2月26日

ふるかわひであき

COMMENT