ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 講演会&ライブ | main | 今日はうれしいひな祭り >>
講演会&ライブ あとがき

ありがとうございました。

 

今回の講演のテーマを決めた時から、来場者の皆様にささやかなお守りをプレゼントしようと思ってました。

 

もちろん、新型コロナウィルスの話が出る前です。

 

このお守り作りが結構手間がかかり、担当のスタッフには苦労をかけました。

 

素材がうまく揃わなかったり、発注したものが不良品だったり、デザインを変更したり、七転八倒の連続でした。

 

この場を借りてありがとうです。

 

バックスタッフのみんなも、本当は自分達だってコロナのリスクがあるのだから、連日の報道を見れば尻ごみしてもおかしくないのに、全員の意見が「実行しましょう!」でした。

 

一番尻ごみしてたのは僕かもしれません。

 

みんな最後の最後まで講演会&ライヴを成功させるために一生懸命になってくれて、ありがとうです。

 

それから、たくさんの励ましメールも頂きました。

 

「きっとコロナウィルスの影響でキャンセルが続出して、お客さんが数人の前で話をしている古川先生の姿を想像したら、いてもたってもいられなくなって参加しました」

 

そういう事態は今までに何度か経験していますが、こんなふうに気遣って頂いて、ありがとうです。

 

「コロナウィルスに朝から雨。それにも関らず、あんなにもたくさんの人が来られるなんて、古川先生は皆さんに信頼され、愛されているんですね」

 

そんなことはありません。私が皆さん愛されているのではなく、私がみなさん愛しているのです。

 

「キャンセルしてごめんなさい。子どもや家族に万が一のことがあるかもと思うと、こうする他にありません」

 

当然です。私があなたでも同じことを考えますよ。何も気にすることはありません。そこに誰かに対する愛がある限り、あなたの選択は正しいのです。正直なお気持ちをありがとうです。

 

「どうしてこんな状況で中止にしないのですか?中止にしてくれないから、行くか行かないか迷って辛いです」

 

お気持ちは痛いほどよくわかります。随分悩み考えました。その結果、この問題に関して正解はないと思いました。

 

やるかやらないか、どちらを選択しても誰かが喜び、誰かが苦しむ・・・。

 

どちらも正解であり、どちらも不正解だと思いました。

 

正直、今までの講演会&ライブのなかで、いちばんしんどいものでした。

 

出した結論は「自己判断」という方法でした。

 

僕はやります。会場にいます。

 

来てくれた人には最高の講演会&ライブを、来られない方には安全を提供できます。

 

この結論は、私にとっても迷われた方にとっても試練だったのだと思います。

 

試練は人を強く大きくしてくれます。

 

みなさんと一緒にこころが強く成長できたら、こんな嬉しいことはありません。

 

最後にバンドメンバーのみんなには本当に感謝です。

 

必死で練習したのに、時間の都合で何曲も削りました。

 

演出でも私のわがままで、何カ所も付け足しや変更をしてもらいました。

 

難しいタイミングに、何度も練習してチャレンジしてくれました。

 

けど、その苦労は、来られた皆さんの心温まる感想で報われましたね。

 

こころからありがとうです。

今回の講演会&ライブに参加された方、やむなくキャンセルされた方、バックスタッフ、バンドメンバー、すべての人に感謝です。

 

本当にありがとうございました。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

3月2日

ふるかわひであき

COMMENT