ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今日はうれしいひな祭り | main | 行動の意味 >>
日本人と覚せい剤

続き

 

講演会&ライブのお知らせで中断していましたが、続きを書きますね。

 

日本人と覚せい剤は相性が良いと言われています。

 

その理由は「勤勉さ」です。

 

日本人ほどよく働く民族はいません。

 

しかも、責任感が強く、納期などの約束は必ず守ろうとします。

 

その結果、どうしても無理してしまいます。

 

そこに「覚せい剤」という罠が待ち受けています。

 

覚せい剤を使用しているのは、芸能人や暴力団ばかりではありません。

 

一般のサラリーマンや主婦の間にも広がっています。

 

マリファナを合わせると、もはやその実数もつかめないでしょう。

 

よその国ではマリファナは合法になっています。

 

それだけ一般に流通しているということですね。

 

覚せい剤を広めるもうひとつの理由は「孤独」です。

 

「まじめ」で「孤独」

 

もう、うつ病になるか、覚せい剤に手を出すかしかないように思いますね。

 

そんな空気がこの国にまん延しています。

 

まったく別の次元のように思えるのですが、覚せい剤が広がるのも、街のマスクやトイレットペーパーを買い占めるのも、同じカテゴリーに分類されるような気がします。

 

いつもブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

3月4日

ふるかわひであき

COMMENT