ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 感染問題で問われるのは | main | 貧困と人間 >>
あまりにも悲惨

この国を知ってますか?

 

さて、一枚の写真を見てみましょう。これはある国の首都です。

 

 

みなさんはこの町がどこの国の首都なのかお分かりになりますか?

 

 

南アフリカ共和国にある「ナイジェリア」です。

 

首都はラゴス(現在はアブジャです)

 

度重なる内戦や貧困のために、どえらい事件が報道されました。

 

 

なんと赤ちゃん工場が摘発されたのです。

 

赤ちゃん工場は、若い女性を閉じ込めて妊娠させ、その赤ちゃんを売り飛ばす商売です。

 

売り飛ばされた赤ちゃんは、男子は不法労働の労働力にされたり、女子は売春婦になるべく育てられます。

 

主な原因は「貧困」と「人口爆発」です。

 

ナイジェリアは石油産出国として潤っていた時期もありますが、石油価格の暴落で痛手を負います。

 

もともとが農業を主流とした少数部族の寄り合い国家なので、あっというまに石油バブルから貧困地獄です。

 

教育が国民に行き届かず、避妊という概念は乏しく、2100年には人口がアメリカをはるかに抜いて9憶人に達すると予測されています。

 

9億人といえば、地球人口の六分の一を占めます。

 

そうなると、人間の人間に対する扱いが変わってきます。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

3月11日

ふるかわひであき

COMMENT