ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 提言 | main | 一人旅 >>
今こそ読みたい本

ペスト

 

ペストはカミュという作家が1947年に書いた小説です。

 

 

この10年後にカミュはノーベル賞を受賞しています。

 

ペストが蔓延し、封鎖された町で暮らす市民の様子が淡々と描かれています。

 

最初はパニック小説か何かと思いましたが、そうではなく、人間の心理状態を克明に描写しています。

 

絶望する人、利己的になる人、他人に思いやりのある人、パニックになる人、疑心暗鬼になる人・・・。

 

コロナウィルスが世界を駆け巡り、マスクやトイレットペーパーを奪い合ったり、感染した人を差別したり、形は違えど、今の世相とそっくりです。

 

心理学に興味のある人もない人も、是非読んでみてください。

 

今、このタイミングで読んでみるのが一番心にしみる小説かもしれません。

 

この小説に書かれた名言です。

 

少なくとも、ここしばらくの間は、彼らは幸福でいられるであろう。彼らは今では知っているのだ――人が常に欲し、そして時々手に入れることができるものがあるとすれば、それはすなわち人間の愛情であることを。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

3月25日

ふるかわひであき

 

COMMENT