ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 自殺対策 | main | 志村けんさんの訃報 >>
なぜ生きているのか

なぜ自殺するのか

 

「なぜ生きているのか」と「なぜ自殺するのか」は同じ問いの裏と表です。

 

今の日本の教育システムの中にはそんな授業はありません。

 

誰にも教わらないことを子供がわかるはずがありません。

 

子供のみならず、大人でもわからない人が多いでしょう。

 

お前は知っているのか?と問われれば「う〜む」としか答えようがありません。

 

でも、そのことを人間が考え続けているのも確かです。

 

例えば「禅」というものがあります。

 

発祥の地はインド。

 

中国、韓国を経て日本に伝わりました。

 

また「仏教」「キリスト教」といった宗教はずっと「命」のことを語っています。

 

仏教は「空」と「慈悲」。

 

キリスト教は「愛」。

 

何千年も前からあるこれらの教えは、いまだに消えることなく存在しています。

 

だけど、世の中すべてに行きわたらないのはなぜでしょう。

 

素晴らしい教えなのに、みんなが実践しないのはなぜでしょう。

 

ひとつは「実践しにくい」ことだと思います。

 

教えを聞いたその時は「あ、なるほどな」と思うのですが、すぐに忘れてしまいます。

 

毎日座禅を組む余裕のある暮らしができる人は限られているでしょう。

 

気が付けばいつの間にか、人は「日常」という大きな川に流されて行ってしまいます。

 

そしてもうひとつは「苦悩や苦労がないと理解できない」ことではないでしょうか。

 

どうも苦悩や苦労、不幸せというものは、ないに越したことはないのですが、全くないと大事なことに気づけないようになっているとも言えます。

 

とりあえず、私にできることは「とにかくわかりやすくみなさんに理解してもらうこと」だと思っています。

 

まとめられたらみなさんに発表したいと思います。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

4月4日

ふるかわひであき

COMMENT