ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コロナと向き合う 2 | main | コロナと向き合う 4 >>
コロナと向き合う 3

昨日の続き

 

(2)不安や恐怖による行動の変化

一部の品物の買い占めが起きているように、落ち着いた行動が大人でも難しくなっています。不安や恐怖から、怒りの感情がわき攻撃的になったり、気持ちが不安定になりやすいでしょう。その他、甘えが強まったり、具合が悪くなってしまったり、眠れなくなったり、衛生面に過度に神経質になりすぎたりするかもしれません。まず、大人が落ち着いた言動を心掛けましょう。

 

ヒント:感染予防の方法は、一般的な風邪の予防と基本的には同じです(厚生労働省資

料参照)。落ち着いて、丁寧に予防に取り組みましょう。過度に神経質になっている場合は安全感を保障し、甘えや不安の訴えにはその都度安心を与えてください。

 

(ふるかわの考察)

 

確かに大人が落ち着きをなくしていますね。

 

なんだか明日この世が終わってしまいそうな錯覚に陥ります。

 

買い物に出かけると、商品の陳列棚からマスクやトイレットペーパーがない。

 

それを見たら、危機感から買い占めに走る。

 

不安や恐怖は人のこころを変えてしまうほどの強力なパワーがあります。

 

不安や恐怖も、人の持つエネルギーです。

 

人のエネルギーは有限です。

 

その有限のエネルギーを全部不安や恐怖に使うと、最後はパニックなるしかありません。

 

マスクの奪い合いで殴り合う大人の背中をみて、子供たちは何を学ぶのでしょう。

 

今、人が救われるとしたら、他者からの優しさと思いやりではないでしょうか。

 

危機的状況の時ほど、人の優しさと思いやりはパワーを増します。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

4月8日

ふるかわひであき

COMMENT