ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コロナと向き合う 5 | main | 今日もコロッケ 2 >>
今日もコロッケ

明日もコロッケ

私が小学生の頃、コロッケは肉屋で買うのが当たり前だった。

今はスーパーやコンビニで買うのが当たり前。

どこのお店でもそのお味を競い合って、とても美味しい。

コロッケは庶民の味方。

何と言っても安いのだ。

今でも1個80円くらい。

私の子供の頃は1個30円くらいだった。

千本丸太町の交差点近くに「米久」と書いて「よねきゅう」と読む肉屋があった。

そこに買いに行かされるのだ。

当時からコロッケは京都の下町貧乏人家庭の強い味方だった。

当然、お昼と夕方のごはん前には長い行列ができる。

そこに並ぶのはとても面倒なことだが、私はそそくさと買いに走った。

お駄賃にコロッケ以外の好きなものをひとつ買ってもいいという許可をもらっていたからだ。

小さい頃からとてもとても食い意地の張っていた私のお目当てはただ一つ!

それはチンポ揚げだ!!

チンポ揚げと言っても、自分のオチンチンを切ってもらって揚げるのではない。

そんな恐ろしい肉屋には近づきたくもないし、そんなもの食べたくもない。

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

4月11日

ふるかわひであき

COMMENT