ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今日もコロッケ 2 | main | 悲劇のモンステラ >>
今日もコロッケ 3

悪い癖

 

私の悪い癖は、機嫌のよい時に、その理由を歌にして歌うことである。

 

小学生の頃から、いろんな情景や心情を歌にするのが得意だった。

 

「チ〜ンポチンポチンポチンポ揚げ食べたら、元気モリモリ、チンポもモリモリ、チンポロリンのチ〜ンチン」

 

という歌を作り、ミュージカルのように歌いながら走って買いに行く。

 

この歌は同級生の間では結構人気があった。

 

しかし、家族の中では重大禁止事項でもあった。

 

「ちょっと、お宅のひでぼんがチンポチンポて歌いながら町中走り回ってるよ」

 

こんな話が家族の耳に入った日には、えらいことになった。

 

私はすっかり「気の狂った子供」と誤解されて、家族はその「気が狂った子供」の身内という位置づけに耐えられないらしい。

 

しかし、機嫌よく買い物のお手伝いをしているのだから、ほめてくれてもいいものだ。

 

このチンポ揚げの歌は女子も笑いながら聞いてくれた。

 

しかし、友達がチンポの部分を女性器のマ〇コに変えて歌ったら、女子からドン引きされていた。

 

女子はチンポには寛容だが、マ〇コには嫌悪感を持つのだ。

 

私はそのことを本能的に理解していたので、決してマ〇コの歌には手を付けなかった。

 

そりゃそうだ。

 

男子が町中をチンポチンポと歌うのはまだしも、マ〇コマ〇コと歌いながら走り回ったら、立派な変態だ。

 

だけど、この歌を一番気に入ってくれたのはコロッケ屋さんのおじさんだった。

 

並んでいる間この歌を歌うたびにケラケラと笑ってくれた。

 

あぁ、もう一度あのチンポ揚げを食べてみたいなぁ。

 

今日もチンポ揚げを、いやいやマ〇コ揚げを、いやいや、ブログをお読みくださり、ありがとうございます。

毎日コロナの話ばっかりだと気が滅入りますから、チンポ揚げで元気になりましょう。

4月13日

ふるかわひであき

COMMENT