ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 悲劇のモンステラ | main | 悲劇のモンステラ 3 >>
悲劇のモンステラ 2

はずれない

全長2メートルを超えるモンステラ。

その支柱は太く頑丈なのだが、それが逆に仇となった。

円形の支柱は、去年はめた時よりも葉が大きくなりすぎて、モンステラから抜けなくなったのだ。

う〜ん、どないしよう。

仕方ない、ペンチで円形の支柱を切断するしかない。

とりあえず、室内のモンステラを外に運び出す。

これがなかなか重くて大変だった。

なんとか運び出し、植木鉢を横にした時に悲劇は起きた。

モンステラが自分の重みに耐えられなくなり、根元の一番太い茎から、ボキッという音を立てて折れてしまった。

ぎょえ〜〜〜〜!

人間で言えば、首を折られたようなものである。

即死に違いない!

うわ〜〜、取り返しのつかないことをしてしまった〜〜!

あんなに可愛がって育てたのに。

雨の日も風の日も、毎日必ず声をかけて、あんなに仲良しだったのに・・・。

悪いのはみんな私だ〜、私の不注意だ〜。

いくら悔やんでも悔やみきれない。

う〜ん、なんとかならんかなぁ。

ならんわなぁ・・・。

仕方なく、葉をハサミで切り刻み、涙目で処分しながら、ふと気が付いた。

そうだ!観葉植物の多くは水差しや茎刺しの方法で増やすことが可能なのだ。

よし、それに望みを託すぞ。

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

4月15日

ふるかわひであき

ショックですね。でも、大丈夫。水挿し、挿し木で、むしろ数が増えます。万が一のため、2代目、3代目を育てていくと、永遠にモンステラは生き続けます。
植物の生命力は、すごい!
くまさきのぶこ | 2020/04/15 08:49
COMMENT