ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 悲劇のモンステラ 3 | main | 人々の思い >>
ブログで神社仏閣教会巡り

萱島神社

 

京阪電車萱島駅の構内にはでっかい楠が生えている。

 

 

これは駅の裏にある萱島神社境内にある、樹齢700年の楠。

 

萱島駅を建て替える時に伐採する予定だったが、地域住民の要望で、残されることになった。

 

きっと地域の人は、小さい時からの思い出がたくさんあるのだろう。

 

初詣、お祭り、お宮参り、七五三・・・。

 

ずっとこの楠が700年見守っていたのだろう。

 

まるで大きなのっぽの古時計みたいだ。

 

萱島神社の創建は天明7年(1787年)だから、今から233年も前だ。

 

当時この辺りは開拓新田といわれ、多くの人が新田開発の開拓者としてここに住み着いた。

 

やがて村を作り、その鎮守の神様がこの萱島神社。

 

 

 

画像回転ツール 編集画像

 

 

大きくはないけれど、とても気持ちの良い神社だ。

 

きっと何度も疫病が流行し、村人達を苦しめたに違ない。

 

その度に村人はこの神社にお祈りしたのだろう。

 

私もこの新型コロナウィルスの災いが早く収束しますようにと、祈りを捧げた。

 

くまさきのぶこ様

 

 

画像回転ツール 編集画像

 

 

今はこんな感じで再生中です。モンステラ1号から7号まではカップの中で、8号は植木鉢の挿し木で観察中です。さてさて、どうなりますやら・・・。根や芽が出てきたらまた報告しますね。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

4月17日

ふるかわひであき

COMMENT