ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 彼女を殺害した動機 | main | 親子で考える新型コロナウィルス対策 >>
自然に帰す

水葬

 

理由はともあれ、犯人が誰であれ、彼女がうちの駐車場で亡くなったのは事実だ。

 

彼と約束をした私は、彼女をどのように埋葬するのが良いのか考えた。

 

水鳥の観察をしていると、年老いた水鳥が水の中で死んでいるのを時折見つける。

 

水鳥は水の上で暮らし、水の中で死に、水に帰っていくのだろうか。

 

土にかえるのではなく、水に帰る。

 

どの埋葬方法が一番ベストなのか分からない。

 

間違っているのかもしれないが、私は彼女を水葬にすることに決めた。

 

そうすることしか頭に思い浮かばなかった。

 

ビニール手袋をはめ、彼女を丁寧にビニール袋に入れ、穂谷川まで歩いた。

 

朝からの雨で穂谷川は増水し、その勢いは何もかもを本流の淀川まで押し流していた。

 

ビニール袋から彼女を出して、河原の砂の上に寝かせた。

 

ここに彼がいたら、彼女に何を話しかけるのだろう。

 

もしもこれが人間に起きた出来事なら、彼女を殺された男性は復讐を誓い、犯人を見つけ出し、仕返しをするだろう。

 

そんな彼に観客も共感し、彼の復讐を応援する。

 

みんな犯人の首をへし折ってやりたいと思うのだ。

 

そんな人間のドラマや映画は数知れずある。

 

仕返しをして納得する。

 

人間とはそういう生き物だ。

 

だけど鴨は違った。

 

仕返しなどしない。犯人を恨むこともない。

 

ただ状況を悲しんでその場から立ち去るだけ。

 

何のこだわりもない。

 

彼は確かに彼女を愛していた。

 

駐車場に横たわる彼女の前で、彼が最後に見せた行動がそれを証明している。

 

そこで私が見たのは、恨みや憎しみや復讐の決意ではなく、彼の「愛」だけである。

 

私の今の研究テーマと見事に一致している。

 

大きな宇宙の意思は、コロナウィルス、カルガモ、エアガンなど、ありとあらゆる形とメッセージで私に何かを伝えている。

 

まさにシンクロニシティ。

 

私は彼女に話しかけた。

 

私「君たちがうちの駐車場まで飛んで来て、私を呼んで伝えたかった意味がよくわかりました。本当にありがとう。決して君たちのメッセージを無駄にしません。多くの人に伝えます」

 

彼女の遺体を川に浮かべると、すぐに川が彼女を抱きかかえて運んで行った。

 

その姿は、まるで母親が自分の子どもを抱きかかえて行くようだった。

 

私はそれを見送りながら、般若心経を唱えた。

 

少しだけ、般若心経の神髄に触れられたような気がした。

 

(鴨の話はこれで完結です)

 

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

5月5日

ふるかわひであき

COMMENT