ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コロナ対策〜大人編3〜 | main | 美しい女の子 >>
コロナ対策〜大人編4〜

現在

人は時間軸を過去に向けると「憂鬱」に、未来へ向けると「不安」になると書きました。

最後に残ったのが「現在」

ここに憂鬱と不安という毒から自分を守る解毒剤があります。

人間は「現在(今)」に集中しながら「過去」と「未来」を考えるということができません。

脳が一度に処理できるのはひとつだけです。

これは認知心理学の基本となる考え方です。

これを意識的に導入するのが、ヨガや瞑想、マインドフルネスという実践方法です。

やりかたはそれぞれ違いますが、今に集中するということは共通しています。

だけどいきなり普通の人がヨガや瞑想、マインドフルネスを実践するのは難しいですね。

(この機会に始めてみようと思われる方は是非学んでみて下さい)

私がいつもやっていることは

?過去になんぞとらわれてたまるかよ。憂鬱になるだけだ。

?未来のことなんぞ誰にもわかるかよ。不安になるだけだ。

この2つを何度も自分に言い聞かせて(自覚して)

?私に許されている時間は現在(今)だけ。

つまり、?の現在(今)だけは自分でコントロールできるし、ここに意識を持ってくれば過去の憂鬱と未来の不安から逃れられると自覚します。

後は、今できることをただ実行するだけです。

今できることであればなんでもいいです。

家事でもいいし、お散歩でもいいし、楽器の練習でもいいし、手作りのマスクを作ってもいい。

家事で忙しい主婦や子育てに時間を取られるママ達は、その状況を嘆き、イライラするのではなく、これこそが自分のメンタルヘルスを守る解毒剤なんだと思って、ひたすら集中して掃除やおしめを替えて下さい。

コツは「家族の為に私が掃除をしている」のではなく、「掃除が私を守ってくれている」と考えることです。

人は何もしないでじっとしていると過去や未来という魔物が背中に忍び寄ってきます。

過去や未来に引きずりこまれると、せっかく自由にできる現在を手放してしまうことになります。

不登校や引きこもりの人は、いつも休んでいるように思えますが、内面ではずっとこの「時間軸」と戦い、過去の後悔と未来の不安というワンツーパンチをあび続けているので、とてもしんどいのです。

時間を敵に回さないということは、唯一自分でなんとかできる「現在(今)」を大事にするということです。

あなたの頭の上で過去と未来という悪魔がダンスを踊っているうちは、現在という天使はひっそりと物陰に隠れているしかないのです。

「現在(今)」に集中すれば、過去と未来を敵に回さずに済みます。

現在に集中して、時を稼いでいる間に、状況は必ず変化します。

コロナが収束し、解毒剤も開発され、以前のように薬局のワゴンに特売のマスクが山積みされれば、もうそれで良いのです。

だけど、ウィルス以外にもこの先の人生、いろんなことがあります。

そんなときも、この「現在(今)」に集中して過ごす方法を経験していればきっと役立つと思います。

コロナウィルスという外から来る状況はコントロールできませんが、そんなしんどい時に、3つの時間軸のどれを選ぶのかは自分で決められます。

それでも、ついつい人はそのことを忘れてしまいます。

忘れないようにするために、今に集中することを思い出せるこの歌を、毎朝ラジオ体操のように聴いて元気に過ごしましょう。

タダタンタント淡々とこの難局を乗り切りましょう!

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

5月10日

ふるかわひであき

COMMENT