ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< コロナ対策〜大人編4〜 | main | zoom!zoom!zoom! >>
美しい女の子

何か幸せ

 

外出自粛でホームワークが多いのですが、運動不足は健康の敵なので、時間の許す限りウォーキング(散歩)しています。

 

一度散歩に出ると4〜5キロ歩きます。

 

割と時間をかけて歩くので1時間から2時間かけます。

 

散歩に出る時は、自然を感じるコースにするのか、街角ウォッチングをしながら歩くのかを決めます。

 

その日は街角ウォッチングにしました。

 

ふらりと家を出た後は、何も決めずに足の向くまま気の向くままに歩きます。

 

家の周囲でも結構知らない場所はたくさんあります。

 

わざわざ遠くまで行かなくても、ご近所での再発見は楽しいです。

 

ぶらぶらと歩いていると、知らないスーパーがありました。

 

見るとスーパーmandai

 

昔は「万代百貨店」と言いました。

 

うちの近所のスーパーは入場制限をしていましたが、ここはガラガラです。

 

うちからほんの2キロほどしか離れていないのに、(2キロが遠いか近いかは個人の考え方ですが)その差に驚きです。

 

mandaiを後にしてぶらぶら歩きます。

 

自粛の影響であまり町に人影はありません。

 

なんだか元旦の朝みたいです。

 

狭い路地が好きなので、くるくると回りながら歩いていると、だれもいない公園に出ました。

 

そこにその女の子はいました。

 

女の子と言っても、もう大人です。

 

彼女は目の不自由なおじいさんのガイドヘルパーをしていました。

 

聞くともなしに、ふたりの会話が耳に入ります。

 

おじいさん「すんまへんなぁ、世間はゴールデンウィークでお休みの日やのに外に連れて来ていただいて」

 

女の子「いいんですよ。家にじっといてたら気が滅入りますもんね。私も気持ちいいですから」

 

彼女はずっと笑顔です。

 

その笑顔はこのおじいさんには見えませんが、彼女の優しい気持ちは十分伝わっているでしょう。

 

福祉施設で多くの実習生を受け入れましたが、彼女たちもみんな同じ笑顔でした。

 

自分のことは後回しにして、人のことを先に考える女の子って、なんでこんなに魅力的なんだろう。

 

顔やスタイルではないのです。

 

この、こぼれるような優しい笑顔が素敵なのです。

 

彼女の胸には福祉事業所の名前と自分の名前が書かれたネームプレートが下がっていました。

 

友達に会えないのも辛いでしょう、デート出来ないのも悲しいでしょう、おしゃれをして街で買い物ができないのも辛いでしょう・・・。

 

だけどこんな風に休みの日を過ごしている女の子がいることも覚えておきたい。

 

医療や福祉の仕事をしている人はみんなそうですね。

 

この日私のは、この女の子がその代表のように思えました。

 

散歩は楽しいな。

 

いつも何かを発見できます。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

5月11日

ふるかわひであき

COMMENT