ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 学校を考える 4 | main | 学校を考える 6 >>
学校を考える 5

児童虐待

 

学校の臨時休業で虐待が止まったということはありません。

 

むしろ増加しています。

 

しかし、その増加率は想像していたほど高くありません。

 

5月に報告された厚労省のデータによると、1月〜3月の虐待対応件数は前年度より1〜2%増で、コロナの影響かどうかも不明とのことです。

 

この数字は今後の推移を見守らないと何とも言えませんが、学校臨時休業で虐待対応が激増したのであれば明らかにその原因はコロナの影響です。

 

元々虐待が起こっている家庭では、学校があろうがなかろうが虐待が起こっています。

 

なので顕在的な数字は、学校閉鎖後も変わりません。

 

ということは増加した1〜2%の数字をどのように考えるかです。

 

現状では、子どもが学校を休んでいるから虐待が増えたというよりは、コロナ感染予防の様々な制限が、親の経済状況やストレスを直撃し、その影響が大きいのではないかと思います。

 

間接的には影響があるとは思いますが、学校閉鎖が直接的に児童虐待を増やしているとは、現時点では言えません。

 

但し、DV(配偶者による暴力事案)に関しては明らかに増加しているようです。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

5月18日

ふるかわひであき

COMMENT