ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 親のパワー 2 | main | 顔 >>
親のパワー 3

お金

 

親のパワーが一番問われる問題は「お金」です。

 

子「パソコン買ってくれや。みんな持ってるんや」

 

親「そんな高いもの買えません。うちの預金通帳にはもうそんなにお金ありません」

 

子「そんなにないて、いくらあるんや?」

 

親「ほら、これだけよ」

 

<預金通帳を見せる>

 

子「ほんまにあんまりないけど、これだけあったらアイパッドは買えるやんけ。アイパッドでええわ」

 

このように、預金通帳の残高にパワーを委ねると、最後はアイパッドを買わなければなりません。

 

この時に親のパワーを発揮するのなら・・・

 

「例え一千万円あったとしても、お前にパソコンは買ってやらん!」

 

これでいいのです。

 

子「特別給付金の10万円くれや!」

 

親「・・・・・・・・・・・」

 

さて、みなさんが親ならば、「・・・・・・・・・」にどんなセリフを入れますか?

 

まずは今回の特別給付金が_燭里燭瓩法誰に対して。Cが。い匹海虜盡擦ら。イ匹里茲Δ癖法で。の4つを考えて見ることから始めて見ましょう。

 

自分で調べていると、知らず知らずのうちに「親のパワー」が身についてきますよ。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

5月24日

ふるかわひであき

COMMENT