ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 見捨てられ不安を考える 10 | main | 神経症の人との接し方 >>
萱島神社3

俳句シリーズ

 

いやぁ、すっかり萱島神社の俳句にはまってしまいました。

 

 

いつも新しい作品が掲載されるのを楽しみにしています。

 

それでは今回もはりきって行ってみよう!

 

「すぐ欲しい 10万円は いつくるの」

 

これは誰もが今、切実に願うことですね。

 

私は恵まれない人達に寄付して、ささやかな社会貢献をしようと、している夢を見て目が覚めました。

 

「骨よりも 金歯探せと 遺言す」

 

この方はいつも金歯にこだわってはりますね。

 

あ、分からない人の為に書いておきますが、金歯は数十万円するものもあり、資産価値があるのです。

 

「父さんを ひとり外して 和気あいあい」

 

う〜ん、それで良いような、かわいそうなような・・・。

 

たまには父さんも入れてあげましょうよ。

 

「新緑の 優しい陽ざしに 蝶の舞う」

 

これぞまさに俳句の王道ですね。

 

情景が浮かんできます。

 

それでは今月の私の一句

 

「ズームギャグ 見事に決まって 嬉しいな」

 

ズーム会議ばかり続く今日この頃。

 

コロナで疲れた参加者を和ませるべく、私は必死でギャグを考えて実行したのです。

 

その結果、参加者全員、見事に爆笑の渦に巻き込みましたぜ!

 

どんなギャグかは、私とズームしないとわかりません。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

6月15日

ふるかわひであき

COMMENT