ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スッポン 2 | main | スッポン 4 >>
スッポン 3

警備員対策

 

警備員対策には苦労した。

 

小学生の頭で考えられることなどたかが知れている。

 

一番簡単なのは見張り役を置くこと。

 

当時は携帯電話やスマホなど存在しなかったし、もしあってもそんな高価なものを買ってもらえるとはとても思えない。

 

そうなるとトランシーバーだ。

 

しかし、これも小学生の小遣いで買える品物ではない。

 

最後に残るのは、人力しかない。

 

警備員は必ず自転車で回って来る。

 

時間が決まっていればその時間を避ければ良いのだが、これが結構いい加減だった。

 

一日に何度も回って来る日もあれば、一回も来ない日もある。

 

となると、最後は見張りしかない。

 

警備員はなぜか必ず絶対例外なく、右から回って来る。

 

だから、竹屋町付近でスッポンを捕獲するならば、見張りを御池通りに立たせておいて、警備員が回ってきたら大急ぎで自転車で知らせにくる手はずにした。

 

しかし、見張り役に立候補する奴がなかなかいない。

 

そりゃそうだ、ただ立っているだけなので、とてつもなく退屈な仕事なのだ。

 

真夏はとくに辛い。

 

ただぼ〜っと来るか来ないか分からない警備員を待つよりも、夢中になってスッポンを捕まえるほうが何倍も楽しい。

 

そこで最後はいつもじゃんけんになるのだが、恐ろしい結末が待っている時がある。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

7月15日

ふるかわひであき

COMMENT