ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スッポン 4 | main | スッポン 6 >>
スッポン 5

許し合う友情

 

翌日学校でA君の行いについて僕たちは話し合った。

 

確かに何度も見張り役をさせられるのは辛いから、今回は許してあげようという意見でまとまった。

 

そのことをA君に伝えると、彼はとても喜んでくれた。

 

A君はお詫びに、今日だけは自分が見張りをやると言い出した。

 

僕たちはA君に感謝し、放課後にまたスッポンを捕りに行った。

 

お金に目がくらんでいる京都の下町貧乏ガキどもは、一度や二度の失敗ではくじけない。

 

この力を勉強に向けたら、きっとみんな同志社や立命館中学に入れただろう。

 

約束通り、その日はA君が見張り役をしてくれた。

 

そしてその日、念願のスッポンを捕まえた。

 

しかもかなりの大物だ。

 

普通サイズで300円〜500円くらいで買ってもらえるが、このサイズなら上手くいけば1000円、いや1500円はもらえるかもしれない。

 

僕たちはすぐにスッポンをバケツに入れて、スッポンを買ってくれる反社会勢力のお兄さんのところへ行った。

 

彼はいつもカトレアという、パチンコ屋の隣にある喫茶店にいた。

 

スッポンが捕れたらすぐに持っていく約束になっていた。

 

彼がいないときは、喫茶店のママさんが代わりに買い取ってくれた。

 

ママさんは、髪の毛は金髪で、唇は真っ赤で、目の周りは青で、頬っぺたは真っ白だった。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

7月17日

ふるかわひであき

COMMENT