ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スッポン 11 | main | スッポン 13 >>
スッポン 12

種明かし

 

スッポンは一度喰いついたら雷が鳴るまで放さないという、まことしやかな都市伝説がある。

 

はっきりと言わせてもらうが、真っ赤なウソである。

 

確かにスッポンは他のカメに比べて噛みつきやすい。

 

実際、僕たちも何度も噛みつかれている。

 

噛みつかれても大して痛くない。

 

というのも、スッポンには歯がない。

 

一度噛みついたら放さないイメージがあると、スッポンにはサメのような強力なギザギザの歯があるように錯覚する。

 

噛みつかれた時にパニックを起こし、スッポンを振り回したり、指を無理に抜こうとしたりするからケガにつながる。

 

一番簡単なのがスッポンを水につけることだ。

 

水に入るとなぜかスッポンはくわえているものを放す習性がある。

 

このことはスッポン捕りの名人と言われていた2歳上の上級生から教わった。

 

彼は僕たちにスッポンのいる場所、釣り方、餌の付け方、警備員の対策、噛まれた時の対応方法、換金の仕方、値段の交渉の仕方などを伝授し、中学生になると、スッポン捕りのような子供の遊びはもう卒業したと言って、さっさとパチンコとビリヤードに乗り換えた。

 

このように、スッポンに噛みつかれた時の対応方法を知っていた僕たちは、それをうまく利用し、再びA君の罪を許し、新しい友情を作り上げたのである。

 

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

7月24日

ふるかわひであき

COMMENT