ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カイカイ 27 | main | カイカイ 29 >>
カイカイ 28

北部戦線の死闘!

 

北部戦線での戦は一進一退を続けていた。

 

確かにカイカイ達は若さに溢れ、血気盛んな戦いをするのだが、キラー細胞達には経験と技術があった。

 

若さと力だけで押してくるカイカイ達をうまくかわし、確実に撃破した。

 

血で血を洗う壮絶な戦いは一週間続けられ、ついにカイカイ軍は全滅した。

 

その勝利を喜ぶ暇もなく、免疫細胞軍はすぐに南部戦線に向かった。

 

伝令によると、加齢でよぼよぼなおじぃさん白血球が多い北部戦線の戦いは、悲惨と言うほかなかった。

 

南部戦線を戦う白血球の平均年齢は80歳を超えていた。

 

そのほとんどの者が、カイカイに攻撃を仕掛ける前に、持病や骨折、老人性うつ病などが原因で倒れこんだ。

 

南部戦線隊長、白松与之助は、カイカイに以下の5つの条件で降伏を申し出た。

 

々濾する代わりに、病やケガで苦しむ白血球達の介護を若いカイカイ達が担うこと。そのために、カイカイ全員に介護福祉士の資格取得を義務付けること。

 

降伏した後の経済不安が大きい。今支給されてる年金だけでは足りなくなる。そこでカイカイ達に軍人恩給を支給してもらいたい。

 

最近は足が弱って買い物や病院に行くことも辛い。そこでカイカイ達の背中に自分たちを乗せて、体内であればどこでも無料の福祉カイカイタクシーを運営して欲しい。

 

ぜ分の死んだ後の財産相続で、自分の嫁や子供ともめている白血球も多くいる。そこで、紛争が速やかに解決するように、無料の法律相談『カイカイ法テラス』を創設して欲しい。

 

ゥ灰蹈覆流行してからカラオケに行けなくなった。きっと水疱瘡ウイルスとコロナウイルスは友達だろうから、なんとかコロナウイルスに、世界中から消えてもらうように説得して欲しい。

 

その内容を聞いた子カイカイ達は一斉に地面に唾を吐き、大声でシュプレヒコールを繰り返した。

 

「殺せ!殺せ!殺せ!」「無条件降伏しか認めるな!」「殺せ!殺せ!殺せ!」

 

今日もブログを読んで免疫機能を高めましょう。

9月11

ふるかわひであき

COMMENT