ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< カイカイ 28 | main | カイカイ 30 >>
カイカイ 29

問答無用!

 

白松与之助の降伏条件は、若いカイカイ達を怒りで興奮させた。

 

子カイカイ達「カイカイ様、今すぐ全員抹殺の命令を!」

 

カイカイ「待て!勝負はもう決している。年老いた白血球を殺して何が面白い?いいか、よく聞け。白血球はカイカイで、カイカイは白血球なのだ。めぐり合わせと縁が違うだけなのだ。無益な争いからは何も生まれぬ」

 

カイカイの話が終わると、一人の子カイカイがカイカイの前に進み出た。

 

子カイカイ「あなたの考えでは、またわれわれはいずれ全滅させられます。どうやらあなたは指揮官には向いていないようです」

 

カイカイ「なに!私に引退せよと申すか!」

 

子カイカイ「はい。これは私一人の考えではありません」

 

子カイカイが合図すると、10人の子カイカイがカイカイの周りをぐるりと取り囲んだ。

 

子カイカイ達の爪は、戦闘モードの刃に変わっていた。

 

カイカイ「ふん、是非もない」

 

カイカイは懐から扇子を取り出し、子カイカイ達に向かって舞を舞った。

 

カイカイ「人間50年、下天のうちをくらぶれば、夢幻のごとくなり・・・」

 

次の瞬間、10人の子カイカイ達の鋭い爪が、カイカイの全身を串刺しにした。

 

新カイカイ「ただいまより全軍の指揮は私が執る。みなのもの、白血球どもを皆殺しにせよ!」

 

子カイカイ達「カッイ〜!」

 

その後に白血球達に起こった悲劇は見るも無残、語るに無残であった。

 

血気あふれる若いカイカイ達の前に、年老いた白血球じいさん達はなすすべもなく、死体の山があちこちにできた。

 

ほどなく南部戦線にいた白血球老人部隊は全滅し、カイカイの勝利が宣言され、カイカイの旗が掲げられた。

 

今日もブログを読んで免疫機能を高めましょう。

9月12

ふるかわひであき

COMMENT