ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< カイカイ 49 | main | カイカイ 51 >>
カイカイ 50

あわてる馬

 

シロタロー「とにかく、めちゃくちゃ酔わせて、カイカイ達が眠った時に、血小板48を牢獄に案内し、姫様に薬を飲ませよう」

 

クロタロー「了解や!」

 

5匹のカイカイに酒と料理が行きわたり、宴を始めたその時、池の中から血小板48が顔を出し、陸に上がろうとした。

 

それを見たシロタローとクロタローはあわてて後ろ足だけで立ち上がり、二本の前足で「池に帰れ、池に帰れ」と合図した。

 

それを見た一匹のカイカイが不審に思い、シロタローとクロタローに近づいてきた。

 

血小板48は慌てて池の中に潜って隠れた。

 

カイカイ「お前たち馬のくせに二本足で立って、何をしている!」

 

クロタロー「へい、皆様方に余興で楽しんでもらおうと思いまして、その準備運動をしてたんです」

 

シロタロー「へい、二本足で歌と踊りを披露しまんにゃけど、何せワイら馬にとって二本足はそうとうきついことですよってに、先に柔軟運動しとかんと、関節がはずれてワヤですわ」

 

カイカイ「なるほど、余興か。お〜い、みんな!今から馬が余興の歌と踊りを見せてくれるそうだ」

 

カイカイ達は拍手をして、ヒューヒューと口笛を鳴らした。

 

シロタローとクロタローは、カイカイ達が池を背にしながら、自分たちの余興に注目できる場所に素早く移動した。

 

そうすることによって、池から出てくる血小板48を、カイカイ達に見つかりにくくする計算である。

 

そしてカイカイ達が自分たちの余興に夢中になっている隙に、血小板48を姫様のところへ向かわせる作戦だった。

 

移動するときに、クロタローはそのひづめで地面に矢印を書き、二人の姫が閉じ込められている方向を書き残しておいた。

 

シロタロー「さてみなさま、ただいまより、わたくしシロタローと弟のクロタローで歌とダンスをご披露致します」

 

カイカイ達「いいぞ〜」「やれやれ〜」

 

シロタローとクロタローは手始めにピンクレディーの「ペッパー警部」を歌って踊った。

 

これにはカイカイ達は度肝を抜かれた。

 

馬がこれだけのことをするなんて。

 

歌の最後の「ペッパー警部よ!」のポーズを決めた時、シロタローとクロタローの目に、血小板48が姫様の牢獄めがけて一目散に走って行くのが見えた。

 

1匹のカイカイがその気配に気づき、後ろを振り向こうとした時に、シロタローが大きな声で「ヒヒ〜ン」といなないた。

 

その声に驚いたカイカイはすぐにシロタローを見た。

 

それを確認したシロタローとクロタローは間髪入れず、「UFO」を歌って踊った。

 

カイカイ達は大いに喜び、酒を酌み交わした。

 

その隙に血小板48は、地面の矢印に示された方向に走り、二人の姫が閉じ込められている牢獄にたどり着いた。

 

牢獄の鉄格子の隙間から、なんなく中に入った血小板48は、ふたりにはめられていたさるぐつわを外した。

 

血小板7「姫様方、よくぞご無事で」

 

マクロファージ姫「あぁ、みなさん来てくれたのですね」

 

血小板9「お二人とも、お怪我はありませんか?」

 

おしゃくれ姫「うちらは大丈夫や。そやけどここからどうやって脱出すればええのやら・・・」

 

血小板1「脱出するには私たちが運んできたお薬を飲んで頂くしかありません」

 

マクロファージ姫「なんの薬ですか?」

 

血小板9「姫様方に大変な力を授けてくれると、天の声がして空から降ってきたのです。どうなるかは私達にもわかりませんが、とにかく、もうこれしか方法がないのです」

 

おしゃくれ姫「よっしゃ!わかった。その話に乗るしかなさそうや。ほんでその薬はどこにあんのや」

 

血小板26「私たちのリュックにあります。今から姫様方のお口に入れますから、どうぞお口を開けてくださいませ」

 

マクロファージ姫とおしゃくれ姫は言われたとおりに口を開けた。

 

24人ずつに分かれた血小板48は、それぞれリュックから薬を取り出し、二人の姫の口の中に入れた。

 

今日もブログを読んで免疫機能を高めましょう。

10月3日

ふるかわひであき

カイカイを毎日楽しみにしてます。
帯状疱疹にはなったことないんですが、もしもかかったら、このお話を思い出すと思います。
ery | 2020/10/03 21:22
COMMENT