ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 発達障害 | main | どんべんしょ 2 >>
どんべんしょ

呪文

 

これは京都の下町にだけ流行っていた遊びというか、おまじないというか、呪文というか、たぶん、他府県の人は知らない言葉がある。

 

その言葉は「どんべんしょ せんきった」。

 

どういう時にこれを使うかというと、何か不潔なものや、不吉なもの、憑りついて欲しくないものに触れた時に、自分の近くにいる人にタッチして「どんべんしょ せんきった」と言う。

 

「せんきった」というときは、両手の親指と人差し指で二つの輪を作って、それを交差させ、右と左に引きちぎるようにして、相手に見せる。

 

それをされた相手は、何か不潔で不吉なものを感染させられたこととなる。

 

こうして考えると、これは「おまじない」というよりも「呪い」かもしれない。

 

別にそんなことをされても、痛くも痒くもないのだが、あまり良い気持ちにはなれない。

 

これを解消する方法は、自分がそれを誰かに回すことだ。

 

そうすることによって、自分に憑りついた悪霊のようなものが取り除かれる。

 

いかにも非合理的で、なんの根拠もない行動である。

 

しかし、当時の子供達には絶大な威力があった。

 

これが高じてくると、えらいことになった。

 

「どんべんしょ せんきった」の前に、不吉で嫌うべき言葉をひっつけるのだ。

 

例えば、1970年代であれば「赤痢菌 うつした どんべんしょ せんきった」という具合だ。

 

当時は「赤痢」=「不潔」というイメージがあり、赤痢に感染した奴は、お便所の後に手も洗わない不潔な奴だという烙印を押されてしまう。

 

こいつが一番教室で唱えられるのは、検便を提出する朝である。

 

当時の検便はマッチ箱にうんちを入れて、(マッチ箱には名前が書いてある)先生の教卓の横にあるザルみたいなものに入れるシステムだった。

 

みんなうんちの入ったマッチ箱を素早くザルに入れると、その手を近くにいる奴になすりつけて「うんこさん うつした どんべんしょ せんきった」と言って笑いながら走り去るのだ。

 

なすりつけられた奴が仕返しに、なすりつけた奴に「うんこさん うつした どんべんしょ せんきった」と言っても、それは効力を持たない。

 

一度「せんきった」と宣言してしまえば、その人はどんな不吉なことからも守られるというルールがあるからだ。

 

スーパーマリオブラザーズで言えば、無敵のスターを手に入れて、走り出したようなもの。

 

しかし、このルールは力関係によって、簡単に変更されてしまう。

 

クラスのみんなは、自分がこれをされないように、必死で自分の周りを警戒する。

 

しかし、油断しているときに、不意打ちを食らわされる可能性がある。

 

例えば、本を読んでいる時に、そ〜っと後ろから近づいてきて、いきなり「うんこさん うつした」と背中にタッチしながら宣言され、振り向くと「どんべんしょ せんきった」と言いながら走り去るのだ。

 

頭にきた私はそいつを追いかけまわし、「うんこさん うつした どんべんしょ せんきった せんきった」と2回「せんきった」を唱える。

 

そいつは「俺はちゃんと『せんきった』と、ゆうたぞ!」と主張するが、私は「あほか!『せんきった』は2回ゆうたら、またうつせるんじゃ」と新ルールを押し付ける。

 

そんな新ルールは、すぐに教室の中で採用される。

 

その結果、「どんべんしょ せんきった せんきった」が標準ルールとなるのだが、そのルールも誰かが更新し、新しいものに変更される。

 

これは「おまじない」なのだろうか、それとも子供のお遊びなのだろうか?

 

この言葉により、「不潔なものを忌み嫌う」という、公衆衛生の啓発活動にはなるかもしれない。

 

だけど、冷静に考えたら、そんなおまじないを唱えるより、アルボース石鹸で手を洗った方が、はるかに感染予防になる。

 

もちろん当時も、ちゃんとお便所に行った後には石鹸で手を洗っていた。

 

(中には洗わないやつもいたが、そんな奴ほど感染には強かったような気がする)

 

そうやって考えると、手を洗っても、そんな呪文を唱えるのは、きっと子供の心の中に「不安」があったのだと思う。

 

明日に続く・・・。

 

本日、ブログを掲載する時間が遅れてしまいました。ごめんなさい。単純な設定操作ミスでした。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。今日からブログの合言葉は「どんべんしょ せんきった」です。

10月11日

ふるかわひであき

COMMENT