ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< どんべんしょ 2 | main | どんべんしょ 4 >>
どんべんしょ 3

先生も唱える

 

呪文を唱えるのは年齢を問わないのだが、職業も問わない。

 

僕の小学校の時の担任だった浅田美恵子先生がそうだった。

 

クラスメートにY君がいて、こいつは体が小さかった。

 

体が小さいだけではなく、とても泣き虫だった。

 

体が小さいことをみんなによくからかわれて、その度に大声で泣き叫んだ。

 

子どもという生き物は、とても残虐なところもある。

 

すぐに泣くやつをみると、泣かしたくなる。

 

「ちび!ちび!ちび!」

 

これを言われるとY君は3分も経たないうちに「うるさいわ〜」と言って泣き始める。

 

それを見て、みんながまたからかい始める。

 

そんなことの繰り返し。

 

毎日泣きながら帰ってくるY君にたまりかねたY君のお母さんは、ある日、浅田先生に実情を訴えた。

 

翌日の休み時間、いつものようにからかわれたY君は「昨日お母さんがみんなのことを先生に言わはったから、みんな怒られるわ」とまた泣きながら言った。

 

僕たちは恐れおののいた。

 

浅田先生が怒ると、鬼よりも怖い。

 

ちょうどその時、浅田先生が教室に入ってきた。

 

浅田先生を見るなり、Y君は助けを求めるように、より大きな声で泣いた。

 

それを見た浅田先生は、つかつかとY君の前に行き、腰をかがめて、Y君の顔をじっと見つめた。

 

次の瞬間に雷が落ちるであろうことを予想した僕たちは凍り付いた。

 

特に僕の母親は浅田先生の信奉者だったので、もしも学校で僕が何か良からぬことをした時は、教室の窓から逆さ吊りにして、ミノムシのように一日中風に吹かれながらブラブラさせてもらいたいという、恐ろしい依頼をしていた。

 

私は三階にある教室の窓から吊るされ、風に揺れる自分の姿を想像した。

 

浅田先生の顔を見て安心したY君は「うわ〜ん」の大泣きから、「ヒックヒック」の泣きやみかけに変わってきた。

 

それを見た浅田先生はにっこり笑って「もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん(大仏さん)!」と手を叩きながらY君をはやし立てた。

 

Y君は鳩が豆鉄砲を食らったような顔になり、僕たちは凍り付いたままだった。

 

浅田先生はY君に「なんや、もう泣かへんのか。もっと泣かんかいな!」と言って、また「もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!」と手を叩きながらはやし立てた。

 

Y君が再び泣きかけると、浅田先生は嬉しそうに「もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!」と手を叩きながら一層激しくはやし立てた。

 

浅田先生は「ひでぼん、何やってんねん!一緒に言えや」と僕を促した。

 

僕は迷った。

 

きっと僕がそれを言った瞬間、雷が落とされるに違いない。

 

僕は必死に言い訳を考えた。

 

「Y君をからかったのは僕だけちゃうし!」

 

しかし、過去にこの手の言い訳をしたとき、余計に怒られた記憶がよみがえった。

 

何も言わない僕を見て、浅田先生は「そんなに窓から吊るされたいか?」と冷たく言い放った。

 

答えはもちろんNO!

 

母と浅田先生は、一度「やる」と決めたことは必ず実行する。

 

実際、この二人の発案で、二条公園のベンチにくくられ、さるぐつわをされて放り出されたことがある。

 

僕は浅田先生の横に座り「もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!」と声を合わせ、手を叩いた。

 

すぐにクラス中のみんなが、「もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!」と合唱した。

 

10回も合唱しないうちに、Y君が泣き止んだ。

 

浅田先生は「なんや、もう終わりかいな。しょうもなぁ。みんながせっかく盛り上がったのに」と残念そうに言った。

 

そして「ええかお前ら、今度からYが泣いたら、もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!て言う呪文を、Yが泣き止むまで全員で唱えろ。今から練習するぞ!」

 

浅田先生はY君の頭をなでながら「お前も一緒に唱えるんや」と言った。

 

浅田先生の号令のもと、クラスみんなでこの呪文を唱えた。

 

「もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!」

 

何度も唱えているうちに、だんだんと大声になり、みんな笑いながら手を叩き、踊りだす奴も出てきた。

 

気が付けばY君も一緒に笑っていた。

 

その後、Y君に限らず、クラスで誰かが泣いてしまうと、知らず知らずのうちにみんながこの呪文を唱えた。

 

(明日に続く・・・)

 

今日もブログに来てくれてありがとう。今日のブログの合言葉は「もっと泣け!もっと泣け!だいぶっさん!」です。

10月13日

ふるかわひであき

COMMENT