ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
トイレを考える 2

対策を考える

さてさて、和式トイレが嫌で学校に行けない子どもの対応策を考えねばならない。

だけどなかなか良いアイデアが浮かばない。

ヽ惺擦離肇ぅ譴鯀管洋式に変える。

これは手っ取り早い対応策だ。しかし予算の問題があるな。

∀村哀肇ぅ譴両紊ら載せる式の洋式便座を取りつける。

これはどうかな。予算の問題は同じかな。

O村哀肇ぅ譴任しっこ、うんこをする授業を取り入れる。

う〜ん、教え方が難しいな。これはトイレットトレーニングになるのかな。それなら幼稚園や保育所からやる方がいいな。

男の子はうんちの時だけだからまだましかもしれないなぁ。

女の子はうんちもおしっこも両方だから余計に深刻かもしれない。

いままでたくさんの学校で仕事してきたけど、公立の学校のトイレはどこもあまり綺麗ではない。

こう見えても私はトイレ掃除が趣味なのだ。

いちどある小学校のトイレがあまりに汚たないから掃除させて欲しいとお願いしたら丁寧に、しかし頑なに断られた。

もちろん嫌みな気持ちで申し出たわけではないのだが、気を悪くされたのかもしれない。

 

そういえばこんな詩があったな。

 

便所掃除    濱口國雄(はまぐちくにお)

扉をあけます
頭のしんまでくさくなります
まともに見ることが出来ません
神経までしびれる悲しいよごしかたです
澄んだ夜明けの空気もくさくします
掃除がいっペんにいやになります
むかつくようなババ糞がかけてあります

どうして落着いてしてくれないのでしょう
けつの穴でも曲がっているのでしょう
それともよっぽどあわてたのでしょう
おこったところで美しくなりません
美しくするのが僕らの務めです
美しい世の中も こんな処から出発するのでしょう

くちびるを噛みしめ 戸のさんに足をかけます
静かに水を流します
ババ糞に おそるおそる箒をあてます
ポトン ポトン 便壷に落ちます
ガス弾が 鼻の頭で破裂したほど 苦しい空気が発散します
心臓 爪の先までくさくします
落とすたびに糞がはね上がって弱ります

かわいた糞はなかなかとれません
たわしに砂をつけます
手を突き入れて磨きます
汚水が顔にかかります
くちびるにもつきます
そんな事にかまっていられません
ゴリゴリ美しくするのが目的です
その手でエロ文 ぬりつけた糞も落とします
大きな性器も落します

朝風が壺から顔をなぜ上げます
心も糞になれて来ます
水を流します

心に しみた臭みを流すほど 流します
雑巾でふきます
キンカクシのうらまで丁寧にふきます
社会悪をふきとる思いでカいっぱいふきます

もう一度水をかけます
雑巾で仕上げをいたします
クレゾール液をまきます
白い乳液から新鮮な一瞬が流れます
静かな うれしい気持ですわっています
朝の光が便器に反射します
クレゾール液が 糞壷の中から七色の光で照らします
便所を美しくする娘は
美しい子供をうむ といった母を思い出します
僕は男です
美しい妻に会えるかも知れません

 

石黒家のお母んさん、なるほど、大人でも和式を嫌う人が結構おられるみたいですね。こうなれば綺麗な洋式トイレを普及させるしかないかもしれませんね。日本のトイレは世界一の技術らしいですから、清潔なトイレ外交をするのもいいですね。

 

2月11日

ふるかわひであき

トイレを考える

和式

最近和式トイレで用をたせない子どもが増えていると小学校の先生から聞いた。

学校のトイレはまだまだ和式のところが多く、子どもはそこでトイレをすることができない。

そのことで不登校になる子どももいる。

今はどこの家庭でも洋式が主流だ。

ウオシュレットだって当たり前についている。

中にはトイレに入っただけでセンサーが反応し、自動で便座を開けてくれるものもある。

そしてそして、なんと立ち上がるだけで自動で水を流してくれる機能まで備えている。

しまいにはトイレに入っただけでズボンやパンツまで降ろしてくれる機能が開発されるかもしれない。

笑い話のようで介護の視点で考えれば案外現実性があるかもしれない。

家庭の清潔感あふれるトイレに慣れている子が、いきなり学校の臭くて汚いトイレに慣れろと言われてもきついものがある。

しかも、学校のトイレはいじめの舞台になったり、夜になると花子さんまで出てくる騒ぎになるのだからたまらない。

「昔は和式のボットン便所が当たり前だったんだ!今の子どもはひ弱過ぎる!」

なんて愚痴を言っても、今の子どもに納得させるのは難しい。

さて、この難題をどのように解決したものか・・・。

 

2月10日

ふるかわひであき

不寛容な人々 4

転移の仮説

レジ袋のおじさんやちゃんこ鍋事件の謎をフロイトが探究したら「恐らく怒り狂ってた人達には被害者に対する陰性転移があるのだろう。怒りで我を忘れた犯人に、ここ数カ月の間にすごく腹が立った出来事がなかったかどうか聞いてみるがよい」と言うだろうな。

だけどいくら怒りの原因が特定できても、亡くなられた被害者の方はもう生き返らない。

理不尽にひどく怒鳴られた人が心を回復するのには長い時間がかかる。

そして理不尽に叱られた人は高い確率で他者に対して理不尽に怒る。

怒られた人はまた他の誰かに怒りまくる。

無限のマイナスループが始まる。

現代は怒る人が多い。

みんな何かに怒っている。

キレる子ども、キレる保護者、キレる教師、キレる医者、キレる患者、キレる客・・・。

みんな決してキレてなんていない。ちゃんと怒りの要因とつながっている。

この記事の最後に私の怒りに対する対処方法を書いておく。

今のところ有効に働いているので参考にしていただきたい。

 

ゝГ

「神様、仏様、御先祖様、大宇宙様・・・(これらはみなさんの大事にしてらっしゃるものならなんでもいいです)どうか今の私にこの怒りを3日間冷凍保存する勇気と知恵を御与え下さいませ!」

 

一人で怒る

これは一人で怒りまくるだけでいい。怒鳴ったり、まくらを殴ったり、皿や茶碗を割ったり、とにかく一人で気が済むまで怒鳴ったり、暴れたり、怒りまくるのだ。誰か他の人がいる時は気が狂ったと思われるので絶対やってはいけない。だいたい30分くらいで怒りが治まってくる。

 

アンガーコントロールを歌う(知らない人は私の講演会&ライブでリクエストしてください)

 

2月9日

ふるかわひであき

不寛容な人々 3

フロイト流

怒りの原因を追及することに役立つのがフロイトの精神分析だ。

精神分析というのは、人の行動(この場合は「怒り」)は自分の中の無意識によって動かされているという仮説が基本的な考え方だ。

無意識というのは自分でも気付いてないこころの動き。

その時に考えるのが「転移」という概念。

人がイライラしたり、ささいな事で怒り狂うのは、過去に封印された他者への怒りが今ここで爆発した(転移した)という考え方だ。

一番手っ取り早い例は「八つ当たり」だろう。

夫婦喧嘩して怒りまくる母親は高い確率で自分の子どもに八つ当たりする。

子どももそのことをよく心得ていて、夫婦喧嘩している時は親の側には行かない。

ただ自分の知らないところで両親が夫婦喧嘩しいて、家に帰ると突然母親に怒鳴り付けられるなんて不幸もある。

「ただいま〜」と家に入ったらいきなり「なんで部屋を片付けてへんの!」「なんで宿題先にやってから遊びに行かへんの!」「洗濯物はたたんどいてていつもいうてるやろ!」なんて調子でキレられる。

夫婦喧嘩していたことを知らない子どもにはわけがわからない。

これと似たようなことがレジ袋のおじさんやちゃんこ鍋の客に起こっていたのかも知れない。

衝動的に殺人事件を起こした犯人が裁判所で「あの朝は妻と喧嘩してイライラしていました」とか「あの日は昼間に上司に叱られてイライラしていました」なんて言うのをよく聞く。

これは計画殺人なのか衝動殺人なのかを分ける証言となる。

もちろん衝動的な殺人の方が罪が軽い。

法律は、<人間は怒りで我を忘れると人を殺す可能性のある生きものなのだ>ということをよく知っている。

(もちろん計画にせよ衝動にせよ、殺された人やその家族はたまったもんではない)

 

2月8日

ふるかわひであき

不寛容な人々 2

事件

昨年12月29日、滋賀県のちゃんこ料理屋で、「盛り付けが悪い!」と経営者の男性に言いがかりを付けて長時間暴行し、死亡させたとして、二人の男が傷害致死容疑で逮捕された。

 

経営者の男性は顔や頭、背中を土鍋で殴られたり、蹴られたりして、左右肺損傷で死亡した。肋骨も複数か所折れていたそうだ。

 

昨日書いたレジ袋のおじさんにしてもそうだが、人間、怒り狂うと相手を殺してしまう危険性が高い。

 

たかがレジ袋、たかがちゃんこ鍋の盛り付けだと思えるのは、冷静に考えられる時に考えているからだ。

 

誰でも怒りにコントロールされたら我を忘れてしまう。

 

レジ袋にしてもちゃんこ鍋にしても、怒るきっかけは何でも良かったんではないかとも思う。

 

怒っている人達はただ怒りたいのかもしれない。

 

それではいったい何に対して怒っているのだろう?

 

こんな時に案外役立つのが心理学。
 

複雑に思える人の心理も、丁寧にたどれば案外単純でわかりやすいエピソードの積み重ねだ。

 

名探偵ポワロが犯人を特定するかのように、心理学は怒りの原因を特定して行く。

 

それではどのように怒りの原因を探し出して行くのか。

 

次回に詳しく書く。

 

カウンセラーになりたい人も、カウンセラーなんぞに何の興味もない人も楽しみながら読んで欲しい。

 

2月7日

ふるかわひであき

不寛容な人々

レジにて

料理が好きなので暇があれば近くのスーパーに行く。

私の家の近くには徒歩圏内にスーパーがたくさんあって便利だ。

私がいつも利用するのは、自然食品がたくさん置いてあるお店。

その日もそのお店のレジで並んでいた。

前のお客さんは中年のおじさん。

おじさんがレジを済ませ、籠を持って立ち去ったかと思うと、興奮してすぐに戻って来た。

「レジ袋が入ってないやないか!」

おじさんの顔は怒りで真っ赤になっていた。

すいませんと謝りながら若いアルバイトの男子店員がレジ袋を渡した。

「なんでレジ袋に気ぃつかへんにゃ!当たり前のことやろが!」

すいません、次から気をつけますと、謝るアルバイトの男の子。

「レジ袋入れるのは常識やろ!なんで俺にだけレジ袋を入れへんにゃ!」

さすがにアルバイト君も機嫌が悪くなる。

「だから次から気をつけますよ!」

おじさんはこの時を待っていたかのように激昂した。

「それが客に対する態度か!そっちがミスしたくせに逆切れすんのか!どういうことや!」

これだけの騒ぎになっているのに、他の店員はみんな知らん顔。

怒りで顔が青くなったアルバイト君が「僕はどうしたらいいんですか?」と吐いて捨てるように言うと、

「なんでそんなことを客に考えさせるんじゃ!お前がレジ袋入れへんから悪いんやろ!店長呼べ!店長や!」

騒ぎに気付いた店長が飛んできて、謝りながらどこかに二人を連れて行った。

たかがレジ袋なのだが、いったい何がそんなに腹が立ったんだろう。

そういえば、こないだはこんな事件があった。

 

2月6日

ふるかわひであき

古墳

興味深々

マンホールに続いて今興味があるのが古墳。

古代歴史ロマンが魅力的なのだ。

なんでそんなもんに興味があるのかって?

改めて聞かれると自分でもよくわからない。

ただ、大昔の古墳を見ていると、なんとなくそこで生きていた人達の息遣いというか魂というか、そんなものを感じることができるからだ。

もし今ここにその時代の人が現れたら、現代の日本語が通じるのだろうか?

彼らはどんな世界観を持っているのだろうか?

タイムマシーンやどこでもドアはないけれど、人間は想像力というものを持っている。

せっかく持っているのだから使わないのはもったいないと思うのだ。

日本で古墳時代というと、3世紀から7世紀を指す。

古墳時代の前は弥生時代で、紀元前の世界となる。

中国の文献では日本の古墳時代を「倭国」という名称で書かれている。

私らの時代の教科書では大和政権とも書かれていたが、今は研究が進んではっきりとした区別がつかないらしい。

ブログでそんな小難しいことを読まされてもおもしろくもなんともないだろうな。

けど私が何千年も昔の人と話がしたいように、今から何千年後に生きる人も私と話をしたいと思うかもしれない。

昔の人間、今の私、未来の人間。

そんな時の流れの中で自分を見つける機会を与えてくれるのが古墳なのかもしれない。

(続く・・・)

 

2月5日

ふるかわひであき

温泉でまったり

極楽

久しぶりにのんびりと温泉旅行。

小雪の舞う露天風呂は最高だ。

遠くに見える山々も雪景色。

平日なので私一人の貸し切り露天風呂。

こんな贅沢ありゃしない。

毎日よく働いたから自分へのご褒美。

冬の温泉といえばカニ。

私は松葉カニが大好物なのだ。

露天風呂の温泉とカニ料理で一泊4万5千円なり。

これくらいの贅沢は許されるだろう・・・。

今日はワインではなくて地酒としゃれこもう。

追加でA5ランクのアワビも追加しよう。

なになに、アワビ追加は7千円。

ま、美味しければかまわんよ。

あぁ、やっぱりたまには休暇が必要だ・・・。

 

ジリリリリリ〜ン!!!

 

くそ、せっかくええ夢見てたのに目が覚めたやんけ!

いまわしい目覚まし時計め!

そろそろ起きて、納豆とたくあんの朝食だ。

あぁ、温泉にカニは今年もお預けか・・・>゜)))彡

今日もがんばるぞ!

 

2月4日

ふるかわひであき

ブログでシネマ 158

オリエント急行殺人事件

アガサ・クリスティ原作の推理小説。

今までたくさんテレビや映画が製作されている。

どの作品も面白いけど、この最新作は素晴らしい。

CGを駆使しているんだろうけど、嫌みじゃなく、さりげなく特殊効果を出しているのでまったく違和感がない。

だからストーリーにぐいぐい引き込まれて行く。

コナン・ドイルとアガサ・クリスティは私にとって中島みゆきと松任谷由美のようなものだ。

う〜ん、ちょっと無理のある比較だ。

派手な演出やアクションがないから、役者の演技力がかなり問われる。

だけどどの役者さんの表情も身振り手振りも目の動きも申し分ない。

ホームズにしてもポワロにしても、現代に生きていたら間違いなく発達障害を疑われるだろうな。

人並み外れたこだわりと観察力、記憶力には頭が下がるし、少なからず尊敬してしまう。

もちろんポワロみたいな人が身近にいたら、いつもネクタイが曲がっていることを注意されてうっとうしいに違いない。

推理もんのネタばれは御法度だからストーリーには触れないが、コナン君とか水谷豊とか東野圭吾がとか火曜サスペンスが好きな人は絶対見た方が良い。

「君は誰かね?」

「私はエルキュアール・ポワロ。恐らく世界一の探偵だ」

このポワロの決まりのセリフがカッコイイ!

よっしゃ、俺も真似しよう。

「君は誰かね?」

「私は古川秀明。恐らく世界6895428768番目のカウンセラーだ」

 

2月3日

ふるかわひであき

休眠預金

800億円

休眠預金とは銀行で10年以上お金の出し入れがない預金のこと。

これが日本国中で毎年800億円以上ある。

政府は巨額な休眠預金の使い道を考えだした。

休眠預金の中には既に死亡した人の預金もかなりある。

日本人の平均預金額は一人暮らしで100万円、二人以上の家族では500万円。

もちろん年齢によってばらつきはあるだろう。

何億円も持っている高齢者もいれば生活保護世帯では貯金もままならない。

だけど平均すると日本人は100〜500万の貯金がある。

つまり、みんな使わないで貯め込んでいるのだ。

その理由はさまざまだろうが、きっとみんな不安だからなんだと思う。

もしも何かあった時、頼りになるのはお金だけだと思うから貯め込んでしまう。

その結果、死ぬまで何も起こらずに、気が付いたら大金をこの世に残したまま死んで行く。

先週26日には仮想通貨580億円分の流出事件があった。

大損をした人はパニックになっている。

だけどなぁ、休眠預金800億円と仮想通貨580億円で1380億円。

これだけのお金を公共の福祉や人助けのために使ったらどんなに役立つのだろう・・・。

そんなことは理想だが、現実はお金がないと不安で生きていけない世の中なのだ。

孤独死する人の数は増えるばかり。

それでも握りしめたお金は放さない。

どうしたらいいのだろう・・・。

資本主義?社会主義?共産主義?

一度私とじっくり考えてみませんか?

 

2月2日

ふるかわひであき