ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
障害者監禁事件 2

根拠

なんで昔はこんな監禁事件が普通にコミュニティで容認されていたのだろう・・・。

 

その根拠は、なんと江戸時代にまで遡る。

 

精神障害者(当時は乱心者と呼ばれていた)が暴れ出すと、家族、町衆、五人組などのチームが暴れている者を座敷牢に入れたのが始まりだと言われる。

 

江戸時代はまだ「刀」という人切り包丁をぶら下げた輩が普通に街を歩いていた。

 

乱心者がそんな物騒な刀を振り回した日には大変だ。

 

当然切り殺される人も大勢いた。

 

士農工商の身分制度があるので、苗字帯刀、切り捨て御免の特権を持つ武士の乱心者に切り殺された日にゃたまったもんじゃない。

 

乱心者は身分の低い者の中にもいる。

 

クワや鋤を持って大勢の村人が殺されたという古文書は多く存在する。

 

そこで、身分の違いに関係なく、人々の安全のために乱心者を隔離して閉じ込めたのが始まり。

 

それを法律にしたのが1900年(明治33年)に制定された精神病者監護法。(当時精神障害者ではなく、精神病者と呼ばれていた)。

 

制定当時は精神科病院や精神科病棟は不足していた。病院に収容しきれない精神障害者への苦肉の策として自宅の一室や物置小屋の一角などに専用の部屋を作り精神障害者をそこに閉じ込めた。

 

つまり、国家が精神障害者の監禁を公に認めていたのだ。

 

この制度は1950年の精神衛生法が施行されるまで続いた。

 

同様なことが[らい病(ハンセン氏病)]でもあった。

 

ハンセン氏病は感染するという理由で1931年からつい最近の1996年までらい予防法がこの国で施行されていた。

 

つまり、精神障害者と同様に、らい病患者も合法的に監禁されていたのだ。

 

4月15日

ふるかわひであき

障害者監禁事件

氷山の一角

 

昨年の12月、大阪府寝屋川市の民家の敷地内にあるプレハブ部屋で、精神疾患を理由に長期間監禁され、柿元愛里さん(33)が死亡した。

 

 

死体遺棄容疑で逮捕された両親は「精神疾患があった。暴れるようになり、約15年前からプレハブに監禁していた」と供述している。

 

また、兵庫県三田市では今年の1月に障害者の40代男性が自宅敷地のプレハブ内に設置された檻(おり)で生活させられていたことが発覚した。

 

 

市が男性を保護し、福祉施設に入所させた。男性に目立った健康被害は見られなかったが、市は虐待と判断。捜査関係者によると、男性には精神疾患があり、檻での生活は20年以上に及ぶという情報もある。県警は監禁の疑いで捜査している。

 

驚くような事件が相次いで発覚し、世間は大騒ぎしている。

 

責任の所在や虐待、親の責任などを問い、マスコミの報道も過熱する。

 

私が施設で働き始めた30年以上前にも同様なことはたくさんあった。

 

ただ、今と違うのは障害者を監禁することに対する倫理観の違いだ。

 

特に田舎の農村地帯に行くと、障害者はその家族により普通に監禁されていた。

 

それを知っている隣近所の人からも特に異論はなかった。

 

なんでそんなことになっていたのか・・・。

 

4月14日

ふるかわひであき

天河神社の巻 3

お祈り

最強パワースポットで友の病気回復を静かに祈った。

薄暗い神殿は厳かそのもの。

伊勢神宮もパワーが凄いが、良くも悪くも年がら年中人が多い。

神様なのだから人気があるのは当たり前だが、あんまり人が多いのもしんどい時がある。

その点ここは本当に静かに拝める。

神殿の真向かいに舞台がある。

いつかここで奉納ライブをしたいものだ。

天河神社はほんとにお薦めです。

みなさんも機会があれば・・・。

おっと、ここは神様に呼ばれないと行くことができないのだった。

どうぞみなさんも神様を尊び、神様に呼ばれてくださいね。

そろそろ帰路に着こう。

田舎のバスはあまり本数がないから逃すと大変だ。

タクシー呼んだら莫大な料金になるからなぁ。

さて、まだまだ巡礼の旅は続きます。

 

かすみそうさん、コメントありがとうございます。友達もきっと快復してくれると思える神社でした。

 

4月13日

ふるかわひであき

天河神社の巻 2

磁場のような気があふれている

天河神社は、“縁がなければ、たどり着けない場所”とも言われ、「来るべき時期が来ないとたどりつけない」「神様に呼ばれた人が行くところ」などの言い伝えがある。

 

天河神社へは交通がかなり不便で、なかなかたどり着けないという意味が含まれているのだが、確かに目には見えない磁場が働いているように感じる。

杉木立に囲まれた石段をのぼり、能舞台が設けられた拝殿を訪ねる。

拝殿は薄暗く、神聖で厳かな雰囲気が漂う。

 

鈴緒の先には天河神社の象徴となる五十鈴(いすず)が結ばれ、これが天河神社のパワーの源泉!

この五十鈴は、天河神社に古くから伝わる独自の神器。

 

日本神話に出てくる太陽神、天照大神(あまてらすおおみかみ)が岩戸に隠れた神話があるが、この時、芸能の女神である天宇受売命(あめのうずめのみこと)が、神代鈴をつけた矛を持ち、舞いを舞ったところ、岩戸が開かれ、天地が明るく輝き始めた。

 

芸能の女神が鳴らした神代鈴と同じものが、天河神社の五十鈴だと伝えられている。

 

五十鈴の響きは心を清め、魂を調和させる働きがあり、新たなエネルギーが沸き起こる。

 

そんな噂を聞きつけて、俳優や歌手、タレントさんら芸能界で活躍している多くの人々が天河神社を参拝している。

 

おぉ!これはわが友にぴったりではないか!

 

4月12日

ふるかわひであき

ブログでシネマ 165

ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男

あんたは毎日映画観てんのか?と笑われそうだが、そんなことはありません。

旅シリーズが長引いたため、アップするのが遅れて一気に出ているだけです。

けど、毎日映画観たい気持ちはありますよ。

さてさて今回のこの映画の主役はゲイリー・オールドマン。

ほんまにええ役者です。

これぞ役者だと思います。

演技が圧巻。

このチャーチルという政治家は対ヒトラーだから輝いた。

確かにドイツと戦うという決断は歴史を変えたのかもしれない。

しかし、平和な時にはこう言う人は結構危ないぞ。

例えて言えば、横山やすしさんや立川談志さんや石原慎太郎さんに近いのかなぁ。

実際チャーチルは戦争が終わるとすぐに選挙で敗れている。

映画では穏健派がヒトラーとの和平交渉を強く迫った。

しかし、チャーチルは断固反対!

その気風の良さに、最初はチャーチル嫌いだった国王も、やがてチャーチルに賛成する。

けどなぁ、30万人の兵隊を助けるために7千人の兵隊を犠牲にするというのもどうなんやろなぁ・・・。

あかんあかん、一番悪いのは戦争や。

戦争反対!

その強いメッセージが感じられて、いろんなことを考えさせられる映画。

一国の首相が(当時はめちゃくちゃ権威があった)地下鉄に乗り、民衆の意見を聞くシーンは涙腺破壊!

しかし葉巻と酒の好きなおじいさんやわ。

それがなかなかダンディでええにゃけどね。

タイピストを演じる女性に注目。

この女性がお話に深みを与えています。
この映画を観るとチャーチルという歴史上の人物が身近に感じて、ちょっと好きになりますよ。

 

4月11日

ふるかわひであき

巡礼の旅 天河神社の巻

芸能の神

友の病気回復を祈る巡礼の旅。

近鉄電車吉野線の下市口で下車。

奈良交通のバスに乗り込み出発。

幽玄な峠道をいくつも越えてバスは行く。

たどり着いたのはここ。

天河大弁財天社。

この神社は奈良の最強パワースポットと言われている。

最強のパワーを友に送るのだ。

それになにより、ここは芸能の神としても霊験あらたか。

私が快復を祈る友はシンガーソングライター。

芸能の神がほほ笑んで下されば、きっとまた元気な姿でステージにあげて下さるに違いない。

う〜ん、我ながらとても良い考えだ。

この天河神社は「高野」「熊野」「吉野」の日本三大霊場の中心地にある。

神社の前に立つだけで凄い「気」を感じる。

嘘だと思われるのなら、実際に行って見られるとよろしい。

自分は霊感の強い方だと思われる方も、霊感が全くないと思われる方もきっと何かを感じられると思う。

それくらい強いパワーを感じる。

 

4月10日

ふるかわひであき

ブログでシネマ 164

レッド・スパロー

こんな映画ありなんやろか?

アダルトビデオとホラー映画とバイオレンスとサスペンスと推理ドラマを混ぜたような作品。

まぁ描写がどぎついことどぎついこと。

もちろん18禁映画。

女性の裸は巧妙に隠しているが、男性の裸はまさにすっぽんぽん。

お○んた○もまる見え。

これほんまに映倫の審査通ったんやろか。

男優も勇気がいるやろうなぁ。

まぁそこそこイケメンやから興味のある人は観てみるといい。

それにしても拷問のシーンはえげつないわ。

そこらへんのホラー映画よりよっぽどおぞましいで〜。

血がわさわさ流れ出てくるし、ピュッて切られて、ピシュッて肉が裂けて、うわ〜って感じ。

うわ〜、人の身体の皮を皮むき機ではいでるし。

人間の皮膚はじゃがいもの皮とちゃうで〜。

ジェニファー・ローレンスみたいな美人女性が好みの人は嬉しくて鼻血出して失神するかもです。

推理ものとしてはなかなかよくできている。

誰が騙していて誰が騙されているのか、心理戦の連続。

生活の中にちょっと刺激が足りない方は是非ご覧あれ!

 

4月9日

ふるかわひであき

ブログでシネマ 163

ペンタゴンペーパーズ/最高機密文書

リーク。それは内部告発のこと。

日本でもアメリカでもどこの国でも、真実はいつも内部告発からしか出てこないのだろうか・・・。

この映画の内部告発は規模がケタ違いだ。

ヘタしたら会社解散どころか、自分の命も危ない。

金と権力という魔物は実に恐ろしい。

一度その手に握ると死んでも放せなくなる。

メリルストリープとトムハンクスが挑むアメリカ国内最大の内部告発。

政府はアメリカ国民に嘘の情報を流し、ベトナムで多くの若者の命を散らせた。

う〜む、ちょっと待てよ。

似たようなことは第二次世界大戦時の日本でもあったぞ。

本当は連戦連敗なのに、あたかも連勝しているような大本営ニュースを流していた。

人が内部告発を考える時、必ず迷う。

リークした後に待ち構える手ひどい仕返しを考えると尻込みしてしまう。

それでも正義を貫く信念があるかどうかが自分に問われる。

今、自分の置かれている場所で見て見ぬふりをしながら葛藤している人は観てみる値打ちがある。

現実ではこの映画みたいにカッコ良く内部告発できる人は少ない。

命を狙われてまで正義を貫く勇気などない。

けど、だからこそこんな映画ができるのだろう。

みんな自分にはできないことを映画の中の役者達に託すのだ。

(この映画は実話だそうです)

だけど、人生に一度くらい勇気を出して賭けに出てもいいのかもしれない。

結果など誰もわからない。

ただ自分に正直でいたいだけ。

それにしても最後の決断は男ではなく、女性が下すところがなんとも言えずカッコイイ!

 

4月8日

ふるかわひであき

朝食 2

これはなかなか・・・

さて朝食はここからが本番と言えるだろう。

まず出てきたのはこれ。

定番の焼き魚。

これで冷たかったらお膳をひっくり返しているところだが、まぁまぁ温かい。

だけどこれも割り箸の先が四角いから身がほぐしにくいったらありゃしない。

おっとお次は炭が出てきたぞ。

いったいこれで何を焼くと言うのだろう・・・。

答えはこれ。しいたけ。

この旅館はしいたけを自家栽培しているらしい。

なるほど、原木にしいたけが出ている。

昔、福祉施設で働いている時に嫌と言うほど山に入って原木を切りだし、しいたけを作ったものだ。

俺はカウンセリングがしたいのに、なんで山の中でしいたけを作ってるんだろう・・・。

当時は毎日そう思っていたが、今となっては懐かしい思い出。

だけど炭で焼く道具があるなら、昨日のヤマメも今朝のカレイもみんな炭で焼けばいいじゃねぇかよ〜。

と、ひとりでツッコミまくっていたら、最後に秘密兵器を出してきた!

これは茶粥。

私はお粥に目がない。

さっそく頂いた。

うん、これは絶品なり!

思わずお代わりをダブルでオーダー。

今までのマイナスはこの茶粥でいっぺんに吹っ飛んだ!!

これでプラス500点!

終わりよければすべてよし。

ご馳走様でした。

 

4月7日

ふるかわひであき

朝食

期待

風呂からあがるとすぐに寝た。

旅の疲れからか、熟睡できた。

さて、私にとって旅館での朝食はその旅を決定付けるくらい大事なセレモニー。

夕食はちょっと残念な結果だったので、あまり期待はしないでおく。

*あ、ただ<お値段の割には>とても質の良い夕食でしたよ。あのお値段であそこまで出してくれたらおんの字です。

まず出てきたのが、健康野菜ジュース。

この旅館のオリジナルだそうだ。

お味は・・・青汁をベースにリンゴで味付けして飲みやすくしてある。

リンゴはジュースではなく、生のリンゴをすりおろしているのがわかるくらい果実が残っている荒削り。

それがなかなか良い具合。

これは合格かな。

まず、出汁巻きに煮物、炊きもの、香のもの。

昨夜の経験から香のもののレベルは推して知るべし。

喰ってみたが、やはり同じレベル。

減点!

この出汁巻きは絶品!

焼き立てでまだ温かい。

出汁もよく効いている。

合格!

ただ出汁巻きには生姜を付けて欲しい。

筍とこんにゃくの煮物。

時期的に筍には少し早いから冷凍か水煮したものだろう。

こんにゃくは普通に美味しい。

まぁ、これも合格かな。

さて、ここから朝食の巻き返しなるか!

あるいは夕食よりも悲惨な結果となるのか!

 

4月6日

ふるかわひであき