ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
先生見ててね 6

可愛い桃子ちゃん

 

私:「桃ちゃん、とても可愛いですね」

 

お母さん:「私は可愛く思えないんです。この子の将来のことを考えたら、悲しくなって、それでこの子を見るのが嫌な時もあるんです」

 

私:「なるほど。具体的に、今、桃子ちゃんは何ができませんか?」

 

お母さん:「できないことだらけですけど、身近で言えばとりあえず靴下がはけません」

 

私:「わかりました。ちょっと桃ちゃんの様子を見てみますね。桃ちゃん、ちょっとごめんやで・・・」

 

そう言いながら私は桃ちゃんの靴下を脱がしました。

 

私:「さぁ桃ちゃん、靴下はいてみよか」

 

桃ちゃんはペコンとうなずき、靴下にチャレンジです。

 

だけど何度やってもうまくいきません。

 

粗大運動と言って、身体全体を使うことが不器用なのです。

 

施設で働いている時も同じような子がたくさんいました。

 

私がいつも実践していた方法は「すくう法」です。

 

靴下は足をすくうように入れると、履きやすいのです。

 

健常発達する人には何でもないことですが、できない人にとってはこれがなかなか難しい。

 

たいがい親指や小指が引っかかってしまします。

 

足を丸くするというのもコツにひとつですが、これもなかなか難しいのです。

 

これは理屈ではなく、体験しながら身につけていくのが早道となります。

 

もちろん援助者の根気と本人のやる気が必要となります。

 

私:「お母さん、今日から桃ちゃんに練習させてみましょう。実際の靴下を桃ちゃんに持たせて、その靴下でボールとか、積み木とか、なんでもいいんで、自分の足以外のものを靴下でクルンて包ませてみてください」

 

私は相談室にあった卓球のボールを桃ちゃんに渡して、靴下で包むように指示します。

 

桃ちゃんはニコニコ笑って上手に靴下でボールを包む事ができました。

 

私:「桃ちゃん凄い!天才や!もう一回やってみてくれる?」

 

桃ちゃんは得意そうにまたボールを靴下にクルンと包み込むことができました。

 

私は桃ちゃんを抱きかかえ、くるくる回して、頭をくしゃくしゃになるくらいなでてあげて、頬ずりしてあげます。

 

桃ちゃんはキャッキャッと笑って嬉しそうです。

 

すぐに上機嫌の桃ちゃんが私にささやきました。

 

桃子:「またママ泣いてる」

 

今日もブログに来ていただき、ありがとうございます。

8月11日

ふるかわひであき

先生見ててね 5

ダウン症

 

私が大学を卒業して福祉施設に勤めた時、ダウン症の人の知識はまるでありませんでした。

 

施設に就職する前に、あちこちの福祉施設に実習に行きました。

 

知識がまるでないので、どの人がダウン症でどの人が自閉症なのかさっぱりわかりません。

 

ただ、独特の上がり目か下がり目をしている人が何人かいて、その人達の顔立ちは特徴的ですぐに覚えました。

 

その人達こそ「ダウン症」の人達でした。

 

ベテランの先生方はダウン症の人のことを「モンゴル精薄」と言ってました。

 

理由を聞くと、彼らの独特な顔立ちがモンゴル人に似ているからだそうです。

 

実際1961年まで「mongolism(蒙古症)」という呼称が使用されています。

 

このことにモンゴル政府が強く抗議し(そりゃそうだ)WHOがダウン症という呼称を使い始めました。

 

当時はまだ、ダウン症の人の寿命は20歳前後という定説がありました。

 

医学が進歩し、最近はまれに20歳を越して長生きするダウンの人が増えてきたという、職員会議での先輩職員のお話を今でも覚えています。

 

もちろん今はダウン症の人も50歳前後まで生きられて、70歳を超える人もいます。

 

だけど進学、就職、結婚、健康というライフサイクルにおける苦労は他の障害者の人と等しくのしかかります。

 

進学はほとんどの人が支援学校であり、就職に関しては非常に厳しい現状があります。

 

ダウン症の人の年収は、働けている人でもほとんどが30万円以下です。(月収ではありませんよ。年収です)

 

ダウン症は人間だけではなく、他の動物でも発症します。

 

猿のダウン症は有名ですが、虎や熊などにも見られて、目の特徴は人間と同じ感じなんです。

 

ダウン症の子ども達の性格は人懐っこく、また頑固であることが知られています。

 

今日もブログをお読みいただき、ありがとうございます。

8月10日

ふるかわひであき

先生見ててね 4

21トリソミー

 

ダウン症と染色体は深い関係があります。

 

 

上の図の一番下を見て下さい。

 

お父さんとお母さんから受け継いだ染色体が23本並んでいますね。

 

ダウン症は1〜23まで並んだ染色体の21番目に異常がみられる病気です。

 

普通は2本しかない染色体がダウン症の人は21番目だけ3本あります。

 

これを21トリソミーと言って、ダウン症の原因となります。

 

現在日本でのダウン症者数は約8万人、推定平均寿命は60歳前後と考えられています。

 

また、ダウン症の発症率は約700人に1人と推測されます。

 

実際は受精した時点での21トリソミーの発生率はこの約2倍といわれているのですが、自然流産や、お腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまう(胎児死亡)ことも生じやすくなるため、統計的にはこの数値にとどまっています。

 

高齢出産だとダウン症確率が高くなる、ということを聞いたことがある方も多いかもしれません。

 

確かに、母体の年齢が高齢になると、ダウン症の発症率は高くなるという統計があります。

 

実際、母親が20代前半では発症率が約1000人に1人という確率に対して、40歳以上になると約100人に1人の確率となり、リスクが高くなることは事実です。

 

しかし、この数字からもわかるように、母親が若いからといってダウン症の子が絶対生まれないというわけでもありません。

 

桃子ちゃんはそんなダウン症の子のひとりです。

 

今日もブログをお読み下さりありがとうございます。

8月9日

ふるかわひであき

先生見ててね 3

細胞

 

さて、私達は60兆個の細胞でできているのですが、その細胞のひとつひとつの中に「核」が入っています。

 

ぶどうの実で言えば、果肉の中に必ずひとつ種が入っているイメージですね。

 

その核の中には46本の染色体があります。

 

この染色体は棒のような形をしています。

 

この棒のような形のものは人間の作った色素によく染まるので「染色体」と名付けられましたが、棒だと思って下さい。

 

「巻物」の画像検索結果

この棒は巻物のようなものだと思って下さい。

 

人間はこの巻物をひとつの核の中に46本持っています。

 

23本はお父さんから、23本はお母さんからもらいます。

 

「巻物」の画像検索結果

 

この染色体という巻物をこんな感じでくるくるくるくると開いて行くと・・・

 

ひも状のらせん構造をしたDNAが出てきます。

 

この図が分かりやすいかな・・・

 

 

 

一番右の(DNAの模式図)が巻物を開いた状態だと思って下さい。

 

人間の遺伝子は2万2千個あります。

 

つまり46本の染色体の中に2万2千個ずつの遺伝子が入っているわけで、その総延長はなんと約1200億キロで、地球を300万周できるんです。

 

なんだか久しぶりに「日曜寺子屋家族塾」をしている気分です。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

8月8日

ふるかわひであき

先生見ててね 2

お話する桃子ちゃん

 

泣いているママの顔を見上げながら桃子ちゃんが話しだしました。

 

桃子:「ママ、泣いたらだめよ。よちよち」

 

私:「あ、桃子ちゃんしゃべれるんや。こんにちは。古川です」

 

桃子:「おじさん誰?なんでママ泣いてる?」

 

私:「そうやな、なんで泣いてはるんかはわからんけど、ママを笑顔にしてあげたい人はこの指とまれ〜」

 

桃子ちゃんはママの膝から飛び出して、にこにこ笑いながら私のそばに来て、ちっちゃな手で私の人差し指を握りました。

 

ダウン症の子は言葉が遅れていたり、言葉が出ない子も多いのですが、桃子ちゃんはお話ができます。

 

ダウン症という障害がよくわからない方もおられるかもしれませんので、少しだけ解説しますね。

 

肉眼では見えませんが、私達の体は「細胞」という本当に小さなつぶつぶの塊でできています。

 

例えばブドウを思い出して下さい。

 

このぶどう全体を人間の体と見立ててくださいね。

 

ぶどうという人間の体は、ぶどうの実の一粒、一粒の塊です。

 

このぶどうの一粒を人間では「細胞」と言います。

 

この細胞、一番最初はお父さんの精子とお母さんの卵子です。

 

精子と卵子が受精すると、一つの細胞になります。

 

そしてそのひとつの細胞が二つになり四つになり、

 

あっという間にうわ〜〜〜〜と爆発的に増えて

 

胎児になります。

 

 

どれくらい爆発的かというと、最初ひとつの精子と卵子の受精卵という細胞がなんと60兆個にもなるのです。

 

 

 

一番左が一個の受精卵で、だんだんと細胞が分裂して増えて、一番右の胎児ではもうちゃんと60兆個あるのです。

 

つまり、人間と言うのは60兆個の細胞の塊なんだと思って下さい。

 

ぶどうで言えば、60兆個のつぶつぶがあるぶどうです

 

ちょっと気持ち悪いですね>゜)))彡

 

 

(続く)

 

今日もブログに来て頂き、ありがとうございます。

8月7日

ふるかわひであき

発育を考える

先生見ててね

 

私のカウンセリングを受けられた方はおわかりになると思いますが、長いお付き合いになるのが特徴です。

 

これはカウンセラーとしてはあまり褒められたことではないのです。

 

だけど私はどこか自分は純粋に定義づけられたカウンセラーではないような気がするので、これでいいのだと居直っています。

 

その女の子と初めて会ったのは8年前。

 

仮に名前を桃子ちゃんとしましょうか。

 

まだ保育所の年中さんか年長さんでした。

 

(お母さんと桃子ちゃんの了解を得て書いています)

 

桃子ちゃんはお母さんと一緒にお兄ちゃんが通う小学校の相談室に来ました。

 

相談室のカウンセラーは私です。

 

お母さんは、お兄ちゃんのことではなくて桃子ちゃんのことで相談に来られました。

 

桃子ちゃんはダウン症という障害があって、持参された発達検査をみさせてもらうと、知的な発達の遅れもありました。

 

お母さんは桃子ちゃんの将来が不安でたまりません。

 

「桃子が障害を持って生まれたのはきっと私が悪いからなんです」

 

「この子は他の子がとっくにできることが、まだぜんぜんできないんです」

 

「どうしていいのかわからいんです」

 

お母さんの涙が桃子ちゃんの頬にもこぼれて落ちました。

 

ここからお母さんと桃子ちゃんと私の長いお付き合いが始まりました。

 

(続く)

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

8月6日

ふるかわひであき

熱中症

御用心

猛暑が続いている。

気になるのが熱中症だ。

子ども達はプールで涼めるのでいいなぁと思っていたら、なんとプールで泳いでいても熱中症になる子どもが増えているらしい。

「プール」の画像検索結果

なんてこった。

泳いでいても熱中症て、昔ならありえない。

プールの監視員さんが倒れるのはまだわかる。

実際今年も倒れ込んだ監視員さんが大勢いるらしい。

そうではなくて、泳いでいる子どもが溺れるのではなく熱中症で倒れるのだ。

当然海でも同じことが起こるだろうな。

夏だ!海だ!バカンスだ!なんて言葉はきっとなくなるぞ。

夏だ!危険だ!外に出るな!が当たり前になるかもしれない。

実際外に出て空気を吸うと、なんだかサウナ風呂の中で息をしているみたいにモワッとした息苦しささえ感じる。

午前中はクーラーは我慢して扇風機で過ごすのも、もはや高齢者や乳幼児には危険な行為だ。

みなさん、時代が変わっていることに早く気付き、今の時代に能動的な対応をしましょう。

くれぐれもお体、体調に気を付けてくださいね。

今日もブログにお越しいただき、ありがとうございます。

8月5日

ふるかわひであき

トレードマーク

アゴ

 

アゴは私のトレードマークであり、また弱点でもあります。

 

なんでかというと、顎関節炎になりやすいのです。

 

しゃくれているから顎関節炎になりやすいのかどうかはわかりませんが、口を開け閉めするとカチカチとクリック音がして、ひどく痛む時もあるので厄介です。

 

先日、重い荷物を持って長距離を歩かなければならず(10キロくらい歩いたかな)、ちょっとしんどいなぁと思っていたら案の定その夜に肩からアゴにかけて激痛が走りました。

 

痛くて一晩中眠れませんでした。

 

ぎっくり腰経験者の方には分かっていただけると思いますが、ぎっくり腰のあの痛みがアゴに来たと思って頂いたら結構です。

 

翌朝、寝不足の目をこすりながらかかりつけの病院に行きました。

 

診察科は整形外科。

 

今回は顎関節炎でないことは明らかなんで、最初から整形に行きました。

 

ちなみに顎関節炎は形成外科か口腔外科になります。

 

お医者さんに事情を話すと、なんどもうなづきながらじっと話を聞いて下さいました。

 

医師:「それは痛くて大変でしたね。ところでアゴが痛くなってからアゴが出てきたんですか?」

 

私:「いえ、もともと出てるんです」

 

医師:「そうですか、アゴが痛み出してから急にアゴが飛び出してきたということではないのですね」

 

私:「はぁ、そんな人やはるんですか?」

 

医師:「アゴが痛み出してから何ミリがアゴが突き出たということはありませんか?」

 

私:「生まれつきですからずっとこんなもんやと思ってるんですけど、そんなに出てますか?」

 

医師:「いや、もともとのあなたのアゴを知らないもんで」

 

私:「だからもともとこんなアゴなんです。私のアゴはそんなに異常ですかね」

 

医師:「いや、異常というか、痛みと共にこの状態になったのなら相当なんだかなと思いましてね」

 

う〜ん、相当なんだかてなんなんだろう。

 

真剣に診察しているのか、私をからかっているのかよくわからない診察でしたが、処方された薬を飲んだら痛みが引いたので、この先生の見立ては間違っていなかったのでしょう。

 

それにしても、痛み出してから急にアゴが飛び出すて・・・想像したら笑えてきました。

 

今日もブログをお読み下さり、ありがとうございます。

8月4日

ふるかわひであき

ひらパー

アルバイト

 

ひらパーこと、枚方パークでアルバイトの若者が着ぐるみショーの練習中に亡くなった。

 

着ぐるみの中の苦しさは私も経験があるのでよくわかる。

 

寅の着ぐるみを着て風船を配るバイトだったのだが、とにかく暑かった。

 

何度か意識が朦朧となったのを覚えてる。

 

このアルバイトの青年は着ぐるみを着てダンスの練習をしていたようだ。

 

体調もよくなかったらしいが、そりゃしんどいと思う。

 

そう思うとディズニーランドやディズニーシー、USJなんかで着ぐるみを着て激しいダンスを披露しているみなさんは本当に凄いなぁ。

 

それにしても京アニみたいにビルの中にガソリンまかれて殺されたり、着ぐるみの中で倒れたり、罪のない若者が死んで行く報道は、やりきれない気持ちになるなぁ。

 

あらためて、なんで人は死んだり生きたりするんだろうかと、つくづく思ってしまう。

 

この謎が解ければ人生変わるだろうなぁ。

 

科学者や哲学家や宗教家がいくら集まっても、明日の天気だって誰にもはっきりわからないんだもんなぁ。

 

そんなことも考えなければ楽なのに、なぜか考えてしまうタイプに生まれたようだ。

 

う〜ん、ようしこうなったらやっぱりとことん考えてみるとしよう。

 

この夏は思索の夏にすることにして、とりあえずスイカでも食べてみようと思ったが、冷蔵庫にはキウィーしかなかったのでキウィーを食べた。

 

う〜ん、人生もキウィーも酸っぱいわ。

 

今日もブログをお読みくださり、ありがとうございます。

8月3日

ふるかわひであき

なんどもひっかかる>゜)))彡

学研都市線

 

私のメインレイルウエィは京阪電車だが、大阪での移動にはJRの学研都市線もよく利用する。

 

京橋や東大阪方面の仕事には便利だ。

 

 

朝早いのは苦にならないが、電車の中で本を読むという悪癖を持っているので、ついうっかり乗り過ごしも多い。

 

学研都市線で間違える確率ナンバー1の駅は四条畷駅。

 

快速など全ての電車が停車するので便利なのだが、ご存知の方もおられると思うが、この駅で普通電車を降りると、向かいのホームには反対方向へ行く電車が来るのだ。

 

これはなかなか見抜けない。

 

いや、アナウンスでも気を付けるようにとしっかり告知されているのだが、本を読みだすとその世界にのめり込んでしまっているので何も聞いていない。

 

この日もまんまと反対方向に乗ってしまい、しかも本に夢中だったので京橋の手前まで気付かなかった。

 

「え?なんでハナテンなん!」と思っても後の祭り。

 

ま、冷房の効いた快適な車内で読書ができると思ったらなんでもないわい。

 

て、流暢なこと言うてる場合やないぞ!

 

次の仕事場へ急いで引き返さねば〜!

 

私の辞書に「遅刻」という文字はないのだ!

 

今日もブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

8月2日

ふるかわひであき