ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
表現者たけ

個展

祇園にあるギャラリー八坂。

ここでで開催されている表現者たけちゃんの個展を観てきた。

力作がずらりと並ぶ個展だ。

なかでも竜の絵は圧巻。

他にもたくさんの絵が展示されている。

たけちゃんとは一度コラボしている。

参加者にとても好評だったのを覚えている。

たけちゃんはもともとは俺と同じシンガーソングライター。

それが歌えなくなったのに、ここまで復活したのは、まさに「ありがとう!」の力だ。

祇園石段下を南に30秒のところにあるギャラリー。

この看板が目印。

今回私が一番気に行った絵がこれ。

言葉もいいのだ。

 

お〜いおつかれさん

今日も一日がんばったね

あなたのその姿は

よくわかってるから

でもね

あせらなくて

いいんだ

あなたが元気なら

それだけで

いいんです

 

たけ

 

私はたけちゃんの花の絵が好きだ。

 

12月2日

ふるかわひであき

いろいろあるさ一週間♪

てんとう虫の歌

国際社会福祉センターの食堂には絵本が並んでいる。

その中にこの本を見つけて感動した。

「てんとう虫の歌」の絵本。

しかもこれ、飛び出す絵本なのだ。

懐かしいなぁとひとりごちていると、同じグループの人が「これはなんですか?」と聞いてきた。

てんとう虫の歌というアニメの絵本だと教えてあげると、知らないと言う。

そりゃそうかもなぁ、どうみてもみんな20代から30代。

「てんとう虫のサンバ」なら母が歌ってました・・・。

う〜ん、私とこの絵本だけが浦島太郎状態。

しかしこの絵本、みんなに読まれてぼろぼろだ。

この本をお母さんに読み聞かせしてもらっていた子ども達はもうみんな良い年だろう。

「僕らはきょうだい、希望に燃えるてんとう虫〜♪」

不思議なもんで今でもちゃんと歌える。

「べそかいたって、叱られたって、日曜にっこりと、胸張って行こう〜♪」

今にも台所から「テレビばっかり観とらんと、さっさとごはん食べなはれ!」という母の声が聞こえてきそうだ。

松島みのりの声が懐かし過ぎる。

 

12月1日

ふるかわひであき

 

 

今日も今日とて・・・

研修会な日々

毎週のように、まるで馬車馬のように勉強会に参加するのです。

本日の研修会場はここです。

京都国際社会福祉センター。

ここは私の古巣です。

ここで団士郎、早樫一男という二人の先生に巡り会い、その後の人生を変えていただきました。

もう25年も前の話ですね。

毎週ここに通って家族療法のいろはを教えてもらいました。

そして今日、またここに戻ってきたのです。

今回の研修は発達障害の検査技術。

相談心理ばかりやっているように思われるのですが、ちゃんと検査もやりますよ。

発達検査の世界は日進月歩。

常に新しい技術や知識が要求されます。

一日中評定実習をやります。

ひとつひとつのケースに大変な神経を使うのです。

いい加減な検査などできませんからね。

夕方にはもう神経をすり減らしてへとへとになります。

たゆまぬ努力を続けようと思えるうちは現役でいようと思ってます。

 

11月30日

ふるかわひであき

プロのカウンセラーである以上

最新の技術と情報

いつもぼ〜っと仕事をしているように見えるが、これでなかなかあなた、この歳になっても常に研修は受けておるのですよ。

相談者の方に少しでも役立つ技術をいち早く習得するのが倫理の第一歩だと心得ています。

かっこいいこと言ってほんまかいな?と思われるかもしれません。

そこがほら、脳あるペリカンはアゴを隠すのです。

今日も今日とて研修を受ける日々。

私と同じ心理関係の仲間や医療、福祉関係の人はみんなそうですが、研修費用は自己負担がほとんどなので、年間にするとバカにならない金額負担となるのです。

それでも相談者の利益が最優先。

ここは自腹を切って研鑽を積むのです。

今回の会場は我が故郷京都。

四条大宮は庭みたいなもんです。

大宮の一本東の通り。

これは懐かしいなぁ。

この道の向こうに三条商店街があります。

昔は卓球場やビリヤード、雀荘、喫茶店など、不良がたまれるところがいっぱいでしたが、今はご覧の通り綺麗な通りです。

本日の研修会場はここ「京都産業大学 むすびわざ館」

京都市内にこんなところがあったんやなぁ。

京産大は北の方にしかないと思っていたが、時代は流れている。

立命館大だって二条駅の近くにありますもんね。

それではここでたっぷりと研修を受けてきますね。

もちろん習得した技術は相談者の方に還元します。

 

11月29日

ふるかわひであき

自分の頭で考える

何が足りないのだろう・・・?

 

1.高速道路で、ささいなトラブルからあおり運転をしたあげく、子ども達の目の前で両親がトラックにはねられ死亡。

 

2.北朝鮮のミサイルにトランプ大統領をはじめ、多くの国が北朝鮮に制裁措置。アメリカはテロ国家に指定し、北朝鮮はさらに強く反発。

 

3.日馬富士がキレて後輩力士に暴力。

 

4.サンフランシスコに従軍慰安婦像が設置されたことに大阪市長吉村洋文氏は、サンフランシスコと大阪市の姉妹都市関係を解消すると発表。

 

やられたらやり返す!

 

わかりやすい論理だ。

 

だけどその先に待ち受けている地獄の惨状を想像してみよう。

 

いくつもの世界大戦を経験した我々人類がこれから問われることの例題が今、世間に溢れだしている。

 

その答えは「何で人は生きているのか?」の問いの中にある。

 

宣伝するつもりではないが、1月の講演会でその答えを話そうとおもう。

 

*講演会&ライブ2018年を1月8日(月・祝)の午後に枚方市市民会館で開催します。詳しくはこのHPの告知板をご覧くださいませ。

 

11月28日

ふるかわひであき

おしゃくれ号ひとり旅9

やっぱり腹はへる

もう少しお散歩を楽しもうと思ったけれど、腹の虫が鳴いたので朝ごはんを食べることにした。

おぉ、私の名前の向こうに蒼い海が見えるぞ。

う〜ん、すんごいオーソドックスな朝ごはん。

この魚はサバだそうだ。

身がプリップリしていて弾力がある。

これだけでも値打ちはあるな。

もずく酢も凄かった。

太さと歯触りがぜんぜん違う。

サラダはごく普通に見えるが、これがシャキシャキしていて新鮮だ。

お漬物梅干しに関しては私のハードルは高いので、もう少し修行して欲しいかな。

この中で絶品は赤だしだ。

言うまでもなくお魚がはいっているのだが、その出汁も効いていてとにかく美味しい。

この赤だしだけで、ごはんをお代わりできる。

納豆が付いてないのは残念だ。

写真を撮ってもらったが、逆光で顔がよく見えないが、それでちょうどいいな。

朝から私の顔を見てもしかたないからな。

それより窓の外の景色を見て欲しい。

こんなロケーションで朝飯食った日にゃ、自ずと元気も出ようというものだ。

さて、今日の授業の準備をしよう。

 

*講演会&ライブ2018年を1月8日(月・祝)の午後に枚方市市民会館で開催します。詳しくはこのHPの告知板をご覧くださいませ。

おしゃくれごうひとり旅8

朝だ夜明けだ

みなさん、おはようございます。

ただいま朝の5時半です。

旅に出るとうれしくて早く目覚めてしまうのです。

ちょっとお散歩に出ますので、付いてきて下さいね。

う〜ん、夜明けの海なのです。

とても気持ちが良い。

だんだん空が明るくなってきます。

この瞬間が好きです。

おぉ、お陽様おはようございます!

今日も良い一日になりますようにお願いします!

旅館のすぐ近くにバス停がありました。

「荒磯」ってかっこいい名前だ。

う〜ん、だいたい1時間に1本ですな。

そうおもうと、京都市内の市営バスは恐ろしく頻繁に来てくれているなぁ。

もうちょっとお散歩しよう。

 

*講演会&ライブ2018年を1月8日(月・祝)の午後に枚方市市民会館で開催します。詳しくはこのHPの告知板をご覧くださいませ。

 

11月26日

ふるかわひであき

おしゃくれ号ひとり旅7

夕食

よし!喰うぞ!

なにはともあれお刺身だ〜!

おぉぉぉぉ〜、鯛が丸一匹。

しかもこれまだ動いてるし。

これが本当の活け造り。

しかし、ようするに魚の死後硬直みたいなもんやんなぁ。

ちょっと可哀そうな気もするけれど、ここはちゃんと食べてあげないといけないので、いただきます!

お次はこれです。

これも生きておったのです。

シャコです。

ちょっと見た目グロいです。

しかし、ここはちゃんと食べてあげないといけないので、いただきます!

お次はワタリガニです。

ワタリガニは身よりもミソを食べるのが好きです。

旅館のおばぁさんがこなごなに砕いて食べやすくしてくれはりました。

その姿がなんとも残骸ぽくてなかなかシュールです。

だけどここはちゃんと食べてあげないといけないので、いただきます!

うぉううぉううぉう!

私はサザエの壺焼きが大好物なのです。

この季節なのでちょっと小ぶりですなぁ。

だけどとても美味しいのです。

これはもう、文句の付けようもなく食べてあげないといけないので、いただきます!

 

*講演会&ライブ2018年を1月8日(月・祝)の午後に枚方市市民会館で開催します。詳しくはこのHPの告知板をご覧くださいませ。

*来月の今日はもうクリスマスですね〜。早いものです。

 

11月25日

ふるかわひであき

おしゃくれ号ひとり旅6

魚屋

夕食の前に旅館の中にある魚屋を覗いてみた。

ここの魚が夕食に提供される。

おぉ!見事な石鯛。

中学生の時、これが釣りたくて仕方なかった。

お。これは車えびですな。

これを踊り食いにするらしい。

塩焼きにもしてくれて、踊り食いか塩焼きか、どちらか選ばせてくれるそうだ。

どっちにしようかな。

いろんな魚がいるなぁ。

どれも新鮮で美味しそう。

見事なタコ!

これもおいしそう。

これはやっぱりタコブツでしょう。

タコの天ぷらも美味しいもんね。

うぉ〜、腹が減ってきたぞ〜!

しかし魚達にしたらたまらんやろなぁ、今から自分らを食う生き物が品定めしてるんやもんなぁ。

けど腹が減ったのだ。

魚君達、ごめんなさいです。

 

*講演会&ライブ2018年を1月8日(月・祝)の午後に枚方市市民会館で開催します。詳しくはこのHPの告知板をご覧くださいませ。

 

11月24日

ふるかわひであき

おしゃくれ号ひとり旅5

本日のお宿

講義を終えて宿に向った。

本日のお宿はここ、マルは食堂旅館。

魚が美味しいことで地元では有名らしい。

宿の中に魚屋があるくらい新鮮だ。

宿に入るとすぐに巨大な赤い魚が出迎えてくれる。

いかにも魚をメインに営業していま〜すって感じ。

私が泊めていただくお部屋。

畳が青くて気持ち良い。

小じんまりしていて、好感が持てる。

ビジネスホテル以上、高級ホテル以下って感じかな。

けど仕事で使うには贅沢過ぎるくらいだ。

窓を開けると・・・

おぉ!水平線が見えるし、夕日も最高だ!

そろそろ腹が減ってきたぞ。

よし、温泉(ここは立ち寄り温泉も一緒に営業している)に入って夕食にしよう。

 

*講演会&ライブ2018年を1月8日(月・祝)の午後に枚方市市民会館で開催します。詳しくはこのHPの告知板をご覧くださいませ。

 

11月23日

ふるかわひであき