ふるかわひであきが、日頃の出来事をただ淡々と耽々と語ります。ただ淡々と耽々と毎日続けるブログです。くじけた時も、淋しい時も、裏切られても、だまされても、いじめられても、泣かされても、平気な顔して続けます。ブログは歌とカウンセリングとSC便りを超えられるか・・
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
神経症の人との接し方 18

防衛機制(続き)

 

神経症者は、一度自分自身を偽り始めると、辛い現実に直面することに対し、昨日書かせていただいた防衛機制を築きます。

 

彼らは、回りくどい反応(電車に乗れない、何度も手を洗う、特定のものを強く恐れるなどの神経症状)を保身の術にしようと工夫を凝らします。

 

つまり、症状という着ぐるみを着てつらい現実から自分を守っているのです。

 

そして、無意識にはさまざまな感情を持っていても、意識では何事もないようにふるまっています。

 

彼らはこの自分の無意識には気が付いていません。

 

昨日はその防衛機制である自己欺瞞の例を書きました。

 

今日は、「合理化」について書きます。

 

自分の行為が誰かに非難されそうなときに理由を準備することを合理化と言います。

 

例えば、自分の子どもにヒステリックに登校をうながす神経症的衝動を持っている母親は、父親から「ちょっときつく言いすぎなのではないか」と批判されたときに、「わたしはこの子のために、良かれと思って学校へ行かせようとしているのよ」と主張することがこれに当てはまります。

 

登校をうながすこと自体はそんなに間違った行為ではありませんが、その心の裏に「子どもを学校に行かせられないのは親の責任である」「子どもが学校に行かないとわたしが批判されるかもしれない」という強迫観念が働くと、本人は気づかないのですが、周囲から見るととても尋常とは思えない声のかけ方や、ときに体罰に及ぶような行動をとります。

 

他にも、児童ポルノ雑誌を集めている教師が、ただ乳幼児の性の科学的研究のために集めているのだと主張することも合理化の一つです。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

7月3

ふるかわひであき

神経症の人との接し方 17

防衛機制

 

昨日書いた神経症者の自己破壊的な感情である「取り越し苦労」「激怒」「罰」「うつ状態」。

 

これらの感情は神経症者にとって、とても苦痛なものなので、彼らは「防衛機制」という心のメカニズムを利用して、その苦痛から心を守ります。

 

防衛機制は様々な苦痛やトラウマから心を守るために、人間が生まれついて持っている心の機能です。

 

生まれついて持っているので、防衛機制は神経症者の意思に関係なく、無意識に働きます。

 

防衛機制には「自己欺瞞」「投影」「合理化」「回避」「心身症的訴え」「アルコール中毒」「薬物中毒」「反社会的行動」「補償」、その他の逃避規制が含まれます。

 

自己欺瞞というのは、自分で自分の心をあざむくこと。 自分の良心や本心に反しているのを知りながら、それを自分に対して無理に正当化することです。

 

例えば、自分の学歴が高校卒業である男性が、学歴コンプレックスを持つと、大学卒業の学歴を持つ女性との交際を避け、高卒以下の学歴の女性を過大評価して、高卒以下の学歴の女性としか交際できないといったケースがそれにあたります。

 

彼は大学卒業の才女を目の前にすると、手が震えたり、赤面したりという神経症症状を出します。

 

しかし、彼の学歴コンプレックスが解消されない限り、高校以下の学歴しかない女性との交際は長続きしません。

 

次々にパートナーを替える人の中には、少なからずこの「自己欺瞞」的神経症の人がおられます。

 

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

7月2日

ふるかわひであき

神経症の人との接し方 16

神経症者の思考パターンを見抜く

 

神経症者は自信に起こる問題解決能力を十分に持っています。

 

ただその方法や考え方が不適切であるだけです。

 

彼らは「非論理的」「非現実的」な前提を持っています。

 

すなわち、世の中すべてから認められなければならないとか、自分は欲求不満になるべきではないとか、あるいは、もし重要なことに失敗すれば、それは恐ろしいことをしたことになるという考え方を持っています。

 

それゆえ絶えず心の中でそういう否定的な言い方をしているうちに、自己破壊的な感情を自分で作り上げているのです。

 

自己破壊的な感情というのは「取り越し苦労」「激怒」「罰」「うつ状態」などです。

 

これらの自己破壊的感情は、それぞれに症状を伴います。

 

「取り越し苦労」・・・不安神経症、パニック、対人恐怖症、各種依存症。

「激怒」・・・DV、虐待、暴力行為や器物破損。

「罰」・・・自傷行為、自殺念慮。

「うつ状態」・・・うつ病、ひきこもり、不登校など。

 

これらの破壊的感情はしんどいのが分かっているのに、意図的に(止めようと思えば止められるのに)味わおうとします。

 

そうすることにより、自分を苦しめるもっと大きな苦痛から逃れられるからです。

 

ここは大切なポイントなのでよく覚えておいて下さいね。

 

「神経症者はその症状により、その症状よりももっと大きな苦痛から逃れられている」

 

このことが理解できていれば、何度も手を洗う我が子に「なんで毎日叫びながら手を洗うの!もうこっちがおかしくなりそう!」と考えずに「あ、今この子は自分を苦しめるもっと大きなことから自分を守っているのね。症状さん、ありがとう、しっかり守ってやってね」と、症状の捉え方が変わります。

 

そして、その視点の小さな変化が、神経症者の症状改善に大いに役立って行きます。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

7月1日

ふるかわひであき

神経症の人との接し方 15

意識の向け方

 

神経症者と接するときの鉄則は、意識を神経症者に向けずに必ず自分に向けるということです。

 

神経症者に意識を向けると、最初は可哀そうという同情心、それが日々重なると、批判や憎しみに変わって行きます。

 

そして最後は「こいつさえいなければ私は楽になれる!」と心ならずも考えてしまいます。

 

頭のなかでちらっとでもこんな考えが浮かんでくると、その次は激しく自分を責めてしまいます。

 

そしていつのまにか、神経症者と接する人が欝状態になり、神経症者と共倒れになるという、笑えない結果が待っています。

 

そうなると、神経症者をケアするあなたをケアする人が必要になってきます。

 

そして、そのあなたをケアする人も、その人自身に意識を向け出すと、その人がまた具合悪くなり、またその人をケアする人が必要になるという、悪循環のドミノ倒しが始まります。

 

ここで「人様に迷惑をかけてはいけない」という、間違った頑なな信念を持つ家族が、心中という間違った結果を残すという事態も起こります。

 

このことは神経症者のケアをする人のみならず、子育てや病人、老人介護をする家族にもあてはまります。

 

大切な考え方は「この人(家族や恋人)の神経症は、この人が自分の心を守る方法のひとつで、この人の役に立っている側面がある。ただその方法が本人を苦しめているだけで、私の育て方や接し方が原因ではない。何とかしてあげたいと思うなら、このことを肝に銘じて、まず自分が過剰に反応しないことである。私がこの人に感情移入し過ぎると、かえって神経症の症状を悪化させてしまうし、共倒れになる」

 

もしご自分ではなくても、神経症者の対応で悩んでおられるお母さんやお知り合いがいたら、「おもしろいカウンセラーさんがブログでこんなこと書いてはったよ〜」と教えてあげてください。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

6月30日

ふるかわひであき

神経症の人との接し方 14

神経症を理解する

 

神経症者に昨日書いたような条件付けによる行動療法はとても有効ですが、それを家族の人がすぐに実践するのは難しいことでもあります。

 

ただ、神経症は不治の病ではなく、治す方法がいくらでもあるのだという事実を知って頂き、少なからず安心して頂きたいので、その方法の例を昨日書かせて頂きました。

 

今ここで書いているテーマは、神経症の治し方ではなく、家族や恋人の接し方なので、そちらに話を戻します。

 

まず、神経症者の神経症的行動は、神経症者の持っている問題解決策のひとつなんだということを理解してください。

 

その症状は本人と家族を悩ませるとても厄介なものなのですが、その症状が彼らの心を守る一つの方法で、それはそれで大切な機能なのです。

 

例えば、私は動物が好きで、ずっといろんなペットを飼っていましたが、ペットも病気になります。

 

そんな時に私の愛すべきペットである犬や猫は、ひたすら何も食べずに安全なゲージの中でじっと動かずに休んでいました。

 

その理由は、何も食べないでいることが、内臓機能を回復させる最も有効な方法であることをペットたちは本能的に知っているからです。

 

ここでもし私がそのことを知らずにペット達と接したらどうでしょう。

 

おそらく彼らに遊びを強要したり、無理に食べ物を与えたり、散歩に引っ張り出したり、彼らの回復とは逆方向の接し方をしてしまうでしょう。

 

あるいは、自分の今までの飼い方を悔やんだり、心配のあまり、自分が病気になったりするかもしれません。

 

だけど、今じっとしているのは動物にとって、生まれついて身に着けている最善の回復方法なのだということを知っていれば、飼い主の気持ちの波は穏やかになります。

 

同じことが神経症者にもあてはまります。

 

神経症者の症状は、彼らの問題解決方法のひとつなのだと、家族や恋人が理解していれば、彼らに対する否定的な感情が和らぎます。

 

ただ、神経症者と動物の一番大きな違いは、動物の解決方法は間違っていないのですが、神経症者の症状は本人と周囲の人をとても苦しめてしまう解決方法だということです。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

6月29日

ふるかわひであき

神経症の人との接し方 13

条件付けの応用

 

神経症者の人の症状消失を犬の行動と同じにするなんて・・・と思われる方も

おられるかもしれませんんが、この方法は人間にも応用できることが証明されており、行動療法として、心理療法の中では唯一、医療保険適応の対象にもなっています。

 

例えば、留守番恐怖症という神経症があるのですが、それにこの行動療法を応用します。

 

留守番恐怖症は、一人で留守番ができる年齢になっても、母親や家族が一緒でないと、一人で留守番ができない神経症です。

 

中高生の女子に割と多くみられる症状です。

 

とても不安が強いので、もちろん私と二人で会うことは拒否します。

 

しかし、母親と一緒であれば会ってくれるので、最初は母親と一緒に会います。

 

この時にお母さんと打ち合わせをしておいて、彼女と話をしている最中に、急用で近所の人を訪ねるふりをしてもらい、最初はほんの5分ほどだけ私と彼女の2人だけの時間を意図的に作ってもらいます。

 

その次に母親の友達に協力してもらい、家に訪ねて来てもらい、ほんの少しだけ玄関先で話をしてもらい、どうしても急に行かねばならない用事ができたと、10分だけ私と彼女の2人だけの時間を作ってもらいます。

 

もちろん、私と2人だけの時は、私はたっぷりと彼女を笑わせます。

 

笑っている時は時間が早く過ぎて行きます。

 

母親が少しでも家を留守にしたときは、私の書いた台本通りのことを彼女に話してもらいます。

 

「ごめんなさいね。誰々さんが私を引き止めたの。ね、知ってるでしょう、彼女がどんなにおしゃべりか。ともかく、私の留守中もあなたは立派にやったわ。私が実際に30分も留守にできたのは、あなたが立派にやってのけられるからよ。あなただって、ひとりでやろうと思えばできるってことをお母さんはずっと知っていたのよ。あなたはもうこれ以上こんな恐怖を感じなくなると思うわよ」

この方法を3〜6ケ月くらい継続します。

 

パブロフの犬の条件付けを応用していることがよくわかると思います。

 

そして最後に、神経症者の行動変容をほめて、励ましています。

 

このことも、とても大切な行動変容のための技法です。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

6月28日

ふるかわひであき

神経症の人との接し方 12

視点は変えられる

 

神経症者がいつも同じ症状を出すのは、いつも同じ考え方をしているからです。

 

と言うことは、別の角度から物事を考えられるようになったら、症状は消えていくということです。

 

それには、長年積み重ねてきた考え方を消去する作業が必要となります。

 

肝心なのは、考え方を変えるのも、考え方を消去することも、実現可能だということを家族や援助者が自覚することです。

 

もし小さな考え方の変化が起こり、そのことを援助者や家族が認め、神経症者に対して希望の持てる接し方に変わると、格段に神経症者の症状に変化が起こりやすくなります。

 

神経症者の行動のほとんどは、条件づけられた行動です。

 

簡単に説明すると、実験心理学の「パブロフの犬」と同じです。

 

  • 犬は餌を見ると必ずよだれを出します。
  • 餌を与える時に必ずベルを鳴らします。
  • それをしばらく続けます。
  • 犬は餌がなくても、ベルの音だけでよだれを出すようになります。

 

これを応用したやりかたが、神経症者の症状改善にとても役立ちます。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

6月27日

ふるかわひであき

神経症の人との接し方 11

悪化させない

 

あなたが神経症者と議論をしたり、神経症の症状をやり込めたりして問題をやめさせようとすると、ほとんどの場合、事態を悪化させます。

 

洗面所の前で泣き叫びながら何度も手を洗う子どもに、「いい加減にしろよ。何度手を洗えば気が済むんだ。こっちが気がおかしくなりそうだ!」とあなたが叫べば叫ぶほど、神経症者を追いつめることになります。

 

これとは対照的に、もしあなたがなぜ自分の子どもはそのようにふるまうのか、その原因理由を発見しようと努力したり、あるいは、彼らの行動の改善のためにあなたにできることは何であるかを発見しようとする限り、それがあなたの子どもや家族を援助する最善の機会になります。

 

そしてそのことが、あなた自身を助けるということは言うまでもありません。

 

なぜならば人間というものは論理的にふるまうよりも、心理的にふるまうことのほうが多い生き物だからです。

 

ここは大切なのでもう一度書きます。

 

「人間というものは、論理的にふるまうよりも心理的にふるまうことのほうが多い生き物です」

 

もし、あなたが神経症者に対して理解的態度を持って接すれば、たとえ絶望的だと思われるケースでも、成功に導くことができます。

 

神経症者の理解とか援助とかは、あなたがその事態をどう見るかによって左右されます。

 

つまりたいていの人は、自分自身の悩みや心配事にあまりにも巻き込まれているので、自分の家族や恋人の神経症者の心の中の世界まで理解するだけの時間やエネルギーがほとんどありません。

 

もしもあなたが神経症者の観点からものを見るゆとりがあれば、計り知れないほどの援助を与えることが可能となります。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

6月26日

ふるかわひであき

 

神経症の人との接し方 10

議論をしない接し方の例

 

例えばここにとても嫉妬心の強い奥様に手を焼いている、建築設計士のご主人がいたとしましょう。

 

この奥様の嫉妬の対象はご主人の女性関係ではなく、ご主人の仕事です。

 

彼女はご主人が仕事にとりかかろうとすると、今まで見ていたテレビを消し、読書もやめて、どうでも良いような下らない話を延々としてきます。

 

ご主人が「明後日までに設計図を書いて出さなければならないんだ」と言っても彼女は一向に納得せず、それどころか、あなたは仕事中毒になってしまっていて、いつも私と一緒にいようとしない。あなたが私をもはや愛していないのは明らかだという議論をふっかけてきます。

 

ご主人はそれに対して、自分がいかに妻を愛しているのか、愛しているからこそ仕事をしてお金を稼がなければならないのだという反論をします。

 

それに対して彼女はまた反論を重ねます。

 

そうして気がついたら明け方まで議論が終わらないという日々が続くようになりました。

 

もちろんその結果、このご主人の仕事はまったくはかどらず、とても困った状況に陥ります。

 

その上、議論をした後の数日間、彼女の気持ちの落ち込みが激しくなり、抑うつ状態になることもよくありました。

 

彼は「このままでは仕事どころか、自分の精神がおかしくなりそうです。時々離婚という言葉も頭をよぎりますが、それは何とか避けたいです」と訴えられました。

 

そんな彼に対する私のアドバイスは以下の3つです。

 

〇纏にかかる前に、必ず彼女にだけ割く時間を作り、いかに彼女を愛しているのかを語り、肩を抱きしめたりする。

 

∪澤廚了纏について彼女に説明をして、仕事上で自分が迷っていることやしんどいことを彼女に相談してみる。

 

ほんの些細なことでも良いので、設計図を書くにあたって、彼女が手伝えることを見つけて、彼女との共同作業を目指す。

 

彼は藁をもつかむ気持ちで、半信半疑ながら実行します。

 

そして、ついには、設計図を作る時に、簡単な線を引いてもらったり、建築デザインの参考にするために、いろんな商業施設の見学に彼女も同行してもらい、女性の目線からの設計などの意見を聞くようになりました。

 

すると彼女は彼が設計図を書くことに生き生きと興味を示すようになり、取引先とのやり取りにも参加するようになり、そうなると、彼女の方から提出期限を守るための計画を彼に提案するまでになりました。

 

そうなると、以前のような不毛な議論はなくなり、折り合いもずっと良くなって、夫の仕事に自分も大きく貢献しているんだという自負というか、自己肯定感も育ちました。

 

それに伴い、以前のような気持ちの落ち込みもなくなりました。

 

いかがですか?「議論」「禁止」「命令」「説得」「やりこめる」などの禁忌対応はひとつも入っていないことに注目して下さいね。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

6月25日

ふるかわひであき

神経症の人との接し方 9

効果的な方法

 

効果的な方法を考える前に、まず効果がない上に逆効果になる方法を覚えておいて下さい。

 

それは神経症者と議論をしたり、やりこめたりして問題行動をやめさせようとすることです。

 

ここは大事なのでよく覚えておいてくださいね。

 

神経症者に「議論」「説得」「禁止」「命令」「やりこめる」などの方法を取ることは、神経症者の症状をますます強くしてしまいます。

 

このことははっきりと自覚しておいて欲しいのですが、神経症者と症状のことで綱引きをしたら、必ずあなたは負けます。

 

そのことを理解できないと、無限ループに陥り、「症状対正論」という不毛な議論にすべてのエネルギーを取られてしまいます。

 

神経症者の症状というエネルギーは、それを正論でやりこめようとする家族や恋人のエネルギーよりもはるかに大きいのです。

 

なので、最後は神経症者に振り回され、その支配下に置かれるか、離婚や見捨てるなどの悲しい結末になってしまいます。

 

多くの神経症者の家族や恋人は、このような無限ループに巻き込まれ、最後は「今、私はいかにしんどいか!」という自分の悩みのことしか語らなくなります。

 

つまり、自分のしんどさしか見えなくなるので、一番肝心な「神経症者のこころの世界を冷静に客観的に観察して対応すること」ができないのです。

 

つまり、神経症者の内的世界まで理解するだけの時間やエネルギーが、ほとんどないのです。

 

もしも神経症者と接する家族や恋人が、神経症者の観点からものを見るゆとりを持てれば、計り知れないほどの援助をあたえることがもっとできるようになります。

 

今日もブログに来てくれてありがとう。

6月24日

ふるかわひであき